日歯会長予備選 太田、髙木の2氏が届出

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

任期満了に伴う日本歯科医師会の会長予備選挙の立候補者届出が1月8日に締め切られた。届出は、1月6日に提出した元日歯常務理事で現大阪府歯科医師会会長の太田謙司氏と前岐阜県歯科医師会会長で現日本歯科医師連盟会長の髙木幹正氏の2人にとどまった(届出順)。選挙権者は代議員139人、選挙人501人の計640人。投票は郵送方式で、投票用紙は2月2日に発送、締め切りは同月13日午後2時到着分まで、開票は即日行われる。有効投票数の過半数に達した候補者が当選となる。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる