1年の計も一生の計も「歯磨き」から

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

[日本経済新聞] 2015年1月7日 1年の計も一生の計も「歯磨き」から 個人が行う歯磨きも大切だが、プロが行うマウスケアに期待される役割も通常の歯科診療を超える場合がある。統合的な口腔治療に取り組むトヨタ記念病院歯科口腔外科の牧野真也科部長は、「災害に伴う避難生活など劣悪な環境で歯科医師や歯科衛生士が行うべきマウス … <全文はこちら ⇒[日本経済新聞] 1年の計も一生の計も「歯磨き」から
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

「8020運動」(80歳でも自分の歯20本以上)の裏で悲劇が…コロナ禍で20代30代の歯がボロボロ

歯の痛みある人等…愛知県内のウクライナ避難民は緊急を要する歯の治療が無料に 費用は歯科医師会が全額負担

人生100年時代、「ずっと健康」を叶えるために大切なこと

「国民皆歯科健診は3~5年めどに」日本歯科医師会長 政府の“義務化”検討で

間違った歯磨きをしている人が多いと思っている歯科医師は8割以上に!

子供の5人に1人「口ぽかん・いびき」口育にはフーセンガム

口の機能低下が心身の障害に…注目の『国民皆歯科健診』定期健診の重要性とは 【新潟発】

「オーラルケアに関する生活者調査」の結果 9割以上の歯科専門家※が生活者の歯みがきについて「みがき癖によって特定の場所がみがけていない人が多い」と回答。一方、6割の生活者は「歯みがきはある程度できている」と自己評価。毎日歯みがきしていても、きちんとみがけていないことも多い結果に ※歯科医師および歯科衛生士

新着ピックアップ