阪大研究グループが「病は気から」を分子レベルで一部解明

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

「病は気から」の科学的根拠の一部を、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの鈴木一博准教授らが突き止めた。交感神経から分泌される神経伝達物質ノルアドレナリンが、β2アドレナリン受容体を介してリンパ球の体内動態を制御する仕組みを分子レベルで解明し、炎症性疾患の病態との関係も明らかになった。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる