オステオカルシン経口投与で肥満予防

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

九州大学と九州歯科大学の研究グループはマウスを使った実験で、骨細胞が作るタンパク質「オステオカルシン」の長期間経口投与による全身のエネルギー代謝の活性化を確認した。10月6日に九大が公表したもので、肥満やメタボリックシンドロームの新しい予防法や治療法につながるものとして注目を集めている。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる