歯科衛生士が主体となる新たな治療への取り組み 東京医科歯科大学歯学部附属病院

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

[ZAKZAK]  2014年8月13日 歯科衛生士が主体となる新たな治療への取り組み 東京医科歯科大学歯学部附属病院 歯科衛生保健部は、歯科衛生士が主体となり、歯科医、医師、看護師と連携し、さまざまな取り組みを行っています。この体制は、東京医科歯科大学ならではです。技術の向上だけでなく、人材育成や連携しやすい環境作りなど、さらにより良い体制にしていきたいと思っています」 <全文はこちら ⇒[ZAKZAK]歯科衛生士が主体となる新たな治療への取り組み 東京医科歯科大学歯学部附属病院
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

【プレスリリース】歯科衛生士応援サイト「Dキャリアプラス」が公募開始[未経験/経験者] 研修講師チャレンジ~未経験でも講師デビューまでフルサポート

在宅で暮らす高齢者を支えるのは地域密着型病院が望ましい

珠洲の臨時「歯医者さん」好評 地震で被害、断水で休診続き

【プレスリリース】UHA味覚糖×デンタルサポート お菓子と歯科のコラボレーション 遊びの要素を取り入れた 体験型オーラルケアセミナー開始

能登半島地震の被災地に 薬剤師3人や歯科支援チームを青森県から派遣 衛生管理や心のケアにも寄り添う

【能登半島地震】続く断水 できない歯磨き 医師が心配”危険”な「肺炎」

ライオン新本社で歯科衛生士と「噛むことの大切さ」を学ぶ親子向けイベント開催、永久歯への生え変わり期こそ噛む力を鍛えよう! 歯並びの土台づくりメソッドや最新アイテムも紹介

多職種連携で口腔ケア 岐阜市で指導者研修会 岐阜県歯科医師会

新着ピックアップ