阪大准教授らがDNA損傷機序を解明

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

大阪大学大学院基礎工学研究科の倉岡功准教授ら研究グループは、老化やがん化の原因となるDNA損傷が起こるメカニズムを解明した。英国科学雑誌「Scientific Reports(サイエンティフィックリポート)」オンライン速報版で6月9日に公開された研究成果。同研究成果は、DNA酸化の新たな危険性、DNA修復の重要性を示すものだと研究グループは考察している。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる