三代目歯医者が睡眠時無呼吸症候群の理想の治具を開発

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

[TechCrunch] 2014年6月25日 三代目歯医者が睡眠時無呼吸症候群の理想の治具を開発、自己の人生観もポジティブに しかし口内器具の多くは大きすぎて、耳の下の側頭下顎骨関節に苦痛をもたらす。 ソウルの歯科医Seungkyu Leeは、それまで多くの睡眠時無呼吸症候群患者の悩みや苦しみを見てきて、もうちょっとましな口内器具を作ろうと思いたち、10年間におよぶ研究開発の結果、QT33と ... <全文はこちら ⇒ [TechCrunch]三代目歯医者が睡眠時無呼吸症候群の理想の治具を開発、自己の人生観もポジティブに
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる