オバマケアの問題点を指摘

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

アメリカのオバマケア(アフォーダブル・ケア・アクト=医療アクセス法施行に伴う医療保険制度改革)についてジャーナリストで作家の堤未果氏は、「医療ファシズムとも言うべきもので、単に全国民に医療保険商品の購入を罰則付きで強制し、国民の大半を十分な医療から遠ざけ、多くの被保険者が高額な保険商品を無理やり購入させられている」と報告した。日本医師会(横倉義武会長)が3月13日に開催した平成25年度医療政策シンポジウムで話したもの。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる