平成26年度診療報酬改定 中医協が答申 医科・歯科連携を重視

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

中央社会保険医療協議会(=中医協、会長・森田朗学習院大学教授)は2月12日の総会で、平成26年度診療報酬改定について医科、歯科、調剤の点数配分を了承する答申を田村憲久厚労相に提出した。歯科関係では、訪問及び周術期口腔機能管理で医科・歯科連携を促す点数を医科診療報酬に新設した。また歯科訪問診療で同一建物内2人以上の点数を細分化して、点数を大幅に引き下げた。一方、1人を診た場合の「歯科訪問診療1」に100点の加算を新設するなど歯科訪問診療の体系を大きく変える内容となった。文書提供は歯科疾患管理料で簡素化が実現し、技術料では小児期や成人期以降といったライフステージに合わせた口腔機能に着目した点数を設定した。新点数は、3月中に通知・告示など経て、4月からの実施となる。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる