【無料ウェビナー】ジョンソン・エンド・ジョンソン主催 「ためしてガッテン」元ディレクターから学ぶ 患者さんの行動変容につなげる『情報提供』の裏ワザ

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

会社名

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

業 種

消費者向け健康関連製品の輸入・製造販売

【北折一先生よりコメント】
「ちゃんとしてくれたら抜かずにすんだのに」「なんでここまで放置するかねえ」なんてもどかしくなること、ありますよねえ。ぼくはその大きな理由は、「歯科医療者がマジメだから」だと思ってます。「正しいことをきちんと伝える」のは健康情報の基本…という考え方そのものが、じつはとんでもない大誤解。じゃあ、どうしたらよいのか?
正しいことしか伝えちゃいけないNHKで、視聴率ひとケタだった番組をあっという間に「20%越え連発」に育て上げたディレクター(自慢ではなく事実です)が、「患者さんが食いつく」情報提供のテクニックを伝授します。

本ウェビナーの内容に関して、事前にご質問を承ります。

ご質問は、ウェビナーお申込みページの記入欄にお寄せください。

いただいたご質問はウェビナー中にご回答いたします。

※ご質問数によってはご回答できない場合がございますことをご了承ください。
北折一先生 ご略歴
  • 1987年名古屋大学文学部(社会学専攻)卒業、NHKに入局
  • 1995年静岡放送局などを経て、1995年「ためしてガッテン」立ち上げに参加。
    以来「NHKスペシャル」1本を除き、丸18年間、一貫してガッテンの制作にあたる
  • 2000年マスコミ界初の「消費生活アドバイザー(経済産業大臣認定)」資格取得。
    消費者(視聴者)の立場から見て本当に有益・有効な商品(番組)とは何かを追求し続ける。
  • 2013年NHK制作局の方針変更のため10月末日でNHKを退職。
  • 現在は、おもに健康教育の分野で講演・執筆活動を行う。
お問い合わせ
ジョンソン・エンド・ジョンソン
リステリン プロ事務局
listerinepro@its.jnj.com
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ