歯の治癒における組織再生を亢進させる遺伝子を発見

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

▲ 間葉系幹細胞の活性化と再生にデルタ様1ホモログ遺伝子が不可欠であることが最近の研究から明らかになっている。この画像にその一例を見ることができる(画像:プリマス大学)

プリマス(英国):歯およびその他の身体組織の再生における幹細胞の有用性は多数の研究によって証明されているが、臨床現場における可能性についてはいまだに証明されていない。国際的な研究者のチームが、歯が治癒する際の幹細胞活性化と組織再生を増加させる特定の遺伝子を発見したことで、歯を修復するための新たな方法が提供される可能性がある。


この研究は、プリマス大学ペニンシュラ歯学部のDr. Bing Huの下で行われた。研究者らは、筋肉、骨のような骨格組織、ならびに歯の象牙質を構成する間葉系幹細胞の活性化と再生にはデルタ様1ホモログ(DLK1)遺伝子が不可欠であることを初めて示した。

さらに、歯の創傷治癒モデルを用い、DLK1遺伝子が幹細胞活性化と組織再生を亢進させ得ることを証明することにも成功した。これを臨床適用するには、さらなる研究が必要ではあるが、新たな歯の修復方法の土台を提供するものとなりえる…

出典:News Europe 2019/8/23
Comments are closed here.



記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる