キングス・カレッジ・ロンドン歯学部が世界ランキングで高得点を獲得

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

▲ 最近の調査によれば、キングス・カレッジ・ロンドンは世界の歯科医学および口腔科学研究において第4位にランクされている(写真:Willy Barton/Shutterstock)

ロンドン(英国)/上海(中国):新たな世界的調査において、キングス・カレッジ・ロンドンは歯科医学および口腔科学研究において世界第4位にランクされている。Shanghai Ranking Consultancyが実施したこの調査は、キングスを上位10校中で唯一のヨーロッパの機関としてランク付けし、さらに上位8校中で唯一所在地が米国外である機関としてランクインさせた。


これらの結果は、Shanghai Rankingsにおけるキングスのランキング上昇傾向をさらに押し進めるものとなっている。同学部は2017年に第7位、2018年には第5位にランクされている。

キングスの、歯科医学・口腔科学・頭蓋顔面科学学部の上級学部長であるMike Curtis教授は、「当学部がShanghai Rankingsにおける当大学の高い地位をさらに向上させたことを非常に誇りに思います。世界で第4位にランクされるということ、同時にヨーロッパからトップ10入りした唯一の機関であるというこの評価は、当校が歯科教育における卓越性を学部生と大学院生の双方に提供すること、および臨床歯科医学と口腔科学、頭蓋顔面科学における世界トップレベルの研究活動に重点的に取り組んだことに対する正当な評価であると考えます」と述べている…

出典:News Europe 2019/7/9
Comments are closed here.



記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる