【20-50代の歯磨きに関する意識調査】歯周病ケアに適切な歯磨きをしている人は年収が高い傾向も!2人に1人の“自称・歯周病予備軍”はそのケアに適切な歯磨きができていないことが判明!

カテゴリー
記事提供

© PR TIMES

【20-50代の歯磨きに関する意識調査】歯周病ケアに適切な歯磨きをしている人は年収が高い傾向も!2人に1人の“自称・歯周病予備軍”はそのケアに適切な歯磨きができていないことが判明! 音波振動ハブラシ「ドルツ」を展開するパナソニック株式会社は、20代~50才の男女各50人ずつ、計400名を対象に「歯磨きに関する意識調査」を実施しました。結果、6割以上の人が歯磨きをする理由を「むし歯予防のため」と回答。一方で、自身を歯周病やその予備軍だと思っている“自称・歯周病予備軍”は2人に1人という結果に。多くの人が歯周病である可能性を自覚していながら、歯磨きではその予防に適切な磨き方ができていないことがわかりました..... 全文はこちら ⇒ 【20-50代の歯磨きに関する意識調査】歯周病ケアに適切な歯磨きをしている人は年収が高い傾向も!2人に1人の“自称・歯周病予備軍”はそのケアに適切な歯磨きができていないことが判明!
記事提供

© PR TIMES

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる