研究者「癌や髄膜炎、淋病などの危険な病気を引き起こす細菌がアルコールによって口の中で発生」

カテゴリー
記事提供

© スプートニク日本

研究者「癌や髄膜炎、淋病などの危険な病気を引き起こす細菌がアルコールによって口の中で発生」 ニューヨーク大学の研究者らが、アルコール飲料の摂取は口腔内の感染増大を誘発し、このことが歯茎の病気や一部の種類の癌、さらに心臓血管疾患のリスクを高めることを明らかにした。「メディカルエクスプレス」でのプレスリリースで伝えられている。 調査には、口腔のバクテリアのサンプルを採取した55~78歳の1,044人が参加。ボランティアらは、酒を飲まない270人、程々に酒を飲む614人、そして常に酒を飲む160人に分けられた... 全文はこちら ⇒ 研究者「癌や髄膜炎、淋病などの危険な病気を引き起こす細菌がアルコールによって口の中で発生」
記事提供

© スプートニク日本

新着ピックアップ


閉じる