江戸時代に木製の総義歯が存在 入れ歯技術は当時から世界一

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

[livedoor] 2014年4月19日 江戸時代に木製の総義歯が存在 入れ歯技術は当時から世界一 現代の歯科治療は、欧米から移入された近代医療に基づいているが、日本にはそれ以前から、優れた入れ歯作成技術があったといわれている。 ... <全文はこちら ⇒ [livedoor] 江戸時代に木製の総義歯が存在 入れ歯技術は当時から世界一
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

【プレスリリース】<デジタルでノンメタルクラスプ義歯製作>口腔内スキャナーデータから少数歯欠損義歯の製造開始

【プレスリリース】人の入れ歯は使えない!防災意識の高まりで注目の予備入れ歯 3Dプリンターで完コピに。開始から500個突破!

重度つわりによる酸のダメージで全歯を失った女性 「誰にでも起こり得るリスク」

【プレスリリース】【入れ歯の使用実態調査を実施】半数以上が保険適用の入れ歯を使用!入れ歯にかかる費用とは?およそ8割が使用している入れ歯に不満や悩みを持っていると回答

家族にも秘密の入れ歯、正しく洗わないと誤嚥性肺炎の原因に スペアのお守り入れ歯、開始から500個突破!

入れ歯ユーザー1021人に聞いた…半数以上が「保険適用の入れ歯」を使用、費用や悩みは?

担い手不足解消にもつながるか 「デジタル技術を活用した入れ歯の複製技術」が高知県地場産業大賞を受賞 総入れ歯完成までの時間を短縮

「不潔な入れ歯」肺炎の発症リスクは3.5倍、最悪の場合は命を落とす恐れもある

新着ピックアップ