▶新規会員登録

特集記事

留学体験は大きな財産。 論理的思考と感性が磨かれた

ネット社会だからこそ、海外で体験する意義

私は2006年から約4年半、アメリカのタフツ大学でペリオ、インプラントに関して専門的に学びました。日本に帰ってきて気づいたのは、物事を客観的、批判的に見る目が養われ、論理的思考が身についたことです。
ネット社会で、これだけ情報が簡単に入手しやすい時代になると、情報に接しても「そんなものか」としか見なかったり、特に海外に行くまでのことはないと思われたりしがちです。しかし、現地に行ってその場の空気を感じることは、ものの見方や思考にはとても重要なことです。
また、こうした思考が身についたことで、溢れる情報の中から自分に必要な情報を自分で考え、取捨選択できるようになりました。最終的にはどの情報を選ぶかは感性の問題ですが、その感性も留学体験で養われたものであり、そのため留学体験は私の大きな財産になっています。

▶詳細はこちら

築山 鉄平(つきやま・てっぺい)
  • つきやま歯科医院/専門医療センター センター長

2001年に九州大学歯学部卒業後、佐賀医科大学(現・佐賀大学医学部)歯科口腔外科を経て、2004年から東京・日本橋の矢澤歯科医院にて勤務。2006年からアメリカに留学し、タフツ大学歯学部歯周科歯周病専門医課程修了。2009年にアメリカ歯周病学会認定専門医取得。2009~2010年、タフツ大学歯学部審美補綴フェロー。2011年に帰国し、医療法人雄之会つきやま歯科医院に勤務し現在に至る。2014年から、タフツ大学歯周病学講座Visiting Clinical Assistant Professor、デンタルスクウェアジャパン主宰、PHIJ ディレクター。

SNSアカウントでログイン

※ログインをすると同時にご利用規約に同意したものとみなします。

メールアドレスでログイン


ログインできない方はこちら