▶新規会員登録

記事

次の世代の歯科医師たちが夢を持ち、夢を語りあえるように その①

次の世代の歯科医師たちが夢を持ち、夢を語りあえるように その①
―25年前と3年前の卒業生の「夢」のちがいは?-

すっかり春らしくなり桜も満開を迎えています。毎年、この時期に社会へ巣立ってゆく学生や緊張して入学してくる新入生を見て、すがすがしい、透明な気分に浸ることができるのは教職の大きな楽しみでもあり、心が洗われます。さらに卒業生や新入生の担任ともなるとその感慨は倍増します。ところが歯科大学の6年生の担任は、教え子たちの卒業に感動している心の余裕はありません。なぜならば国家試験の発表は卒業式の前後のことが多く、試験の合格率はどの大学でも、その担任の先生に負うところが多いからです。ここ数年、この時期になると毎回思い出すことがあります。それは、その時の歯科界を取り巻く社会情勢を端的にあらわした学生の発言でした。
私が初めて6年生の担任をしたのは25年前でした。この時、卒業間近の30名くらいの6年生に「卒業後の夢は?」と質問したところ、多くの学生たちは自分なりの夢を我先にと語ってくれました。
東北の田舎から出てきたT君は「僕は僻地医療に貢献したいのです。でも自分の家の近くには内科や外科の医院はありません。ですから3年間は歯科麻酔科で全身的なことを勉強して、田舎の有病者歯科医療に貢献したいのです。」よく出身地自慢をしていたT君らしい夢です。

この記事は会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

矢島 安朝(やじま・やすとも)
  • 東京歯科大学水道橋病院 病院長

SNSアカウントでログイン

※ログインをすると同時にご利用規約に同意したものとみなします。

メールアドレスでログイン


ログインできない方はこちら