▶新規会員登録

記事

歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -院内感染防止対策編-

歯科分野に係る診療報酬改定に関するポイント -院内感染防止対策編-
はじめに
平成30年4月より診療報酬改定に伴い、新たな保険制度の新設や見直しが行われた。
本改定は、質が高く効率的な医療提供体制の整備とともに、新たなニーズに対応できる高品質な医療の実現を目指すという意向が反映された内容になっている。
平成30年3月26日に「歯科分野に係る診療報酬改定に関する説明会」が都内で実施された。本記事では「院内感染防止対策の推進」に焦点を当て、注目すべきポイントを説明会と疑義解釈資料に基づいて解説していく。
院内感染防止対策の概要
歯科医院内における感染防止対策を推進するため、
定められた施設基準を満たす歯科医院を対象とした初診料、再診料の見直しを実施。

この記事は会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

SNSアカウントでログイン

※ログインをすると同時にご利用規約に同意したものとみなします。

メールアドレスでログイン


ログインできない方はこちら