▶新規会員登録

記事

父のやさしさとそれに甘えた私

父のやさしさとそれに甘えた私

父は、東京医科歯科大学を卒業後、茨城県北相馬郡守谷町(現在の守谷市)で開業し、他界するまでの34年間を地域歯科医療に従事した開業医である。

不思議なくらい父に歯科の話をしてもらった記憶がない。

私が子供の頃、両親は朝から夜遅くまで働いていて、待合室にはいつも患者さんが溢れていたのを思い出す。夕食は遅く、仕事が終わるまでは医院のスタッフさんに遊んでもらっていた。

高校3年の夏、私は進路を考えた。「モノづくりやデザインに関わる仕事や教師になりたい。父は歯科医師をしているから、歯科医師のライセンスを取ってしまえば両親や親族を安心させられるのでは……」 深く考えず、歯学部への進学を父に切り出した。「私立を希望であれば、現役合格ならなんとか行かせられる」それだけのやりとりだった。

その後、私は運の良く日本大学松戸歯学部に合格した。

大学を卒業して勤務医、大学院と過ごしたが、ハングリーさに欠けていて、2代目だからという甘えがあった。なにかというときは金銭的にも支えてもらっていた。

この記事は会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

松丸 悠一(まつまる・ゆういち)
  • コンフォートデンタルクリニック

日本大学松戸歯学部卒業、日本大学大学院松戸歯学研究科修了。 コンフォートデンタルクリニック(北海道札幌市)および東京都内各所にて総義歯専門歯科医師として勤務。

SNSアカウントでログイン

※ログインをすると同時にご利用規約に同意したものとみなします。

メールアドレスでログイン


ログインできない方はこちら