勤務医と歯科衛生士の過半数が求人内容と実際の労働環境にギャップを感じている!

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

勤務医と歯科衛生士の過半数が求人内容と実際の労働環境にギャップを感じている!

この度、Dentwave.comでは会員の歯科医師(勤務医)と歯科衛生士に対し、「労働環境」に関する調査を実施致しました。
調査は、2021年4月1日~2021年5月3日に行われ、65名の歯科医師(勤務医)の方々と46名の歯科衛生士の方々にご回答頂きました。

求人内容と実際の労働環境のギャップ
「事前に確認していた求人内容と、実際の労働環境に「ギャップを感じた経験がある」と回答した勤務医の割合は63.1%、歯科衛生士の割合は73.9%となりました。

求人内容と実際の労働環境のギャップを感じたポイント
「求人内容と実際の労働環境にギャップを感じたポイントに対して、勤務医は「給与の水準」の回答が46.3%で最も高く、続いて「残業時間の長さ」の回答が41.5%で2番目に高い結果となりました。 また、歯科衛生士は「業務内容」の回答が55.9%で最も高く、続いて「休暇のとりやすさ」の回答が47.1%で2番目に高い結果となりました。

ギャップを理由に転職した経験
求人内容と実際の労働環境にギャップを感じた経験がある勤務医の48.8%、歯科衛生士の55.9%が「ギャップをきっかけに転職したことがある」と回答しました。

DentResearch調べ
調査期間:2021年4月1日~2021年5月3日
調査人数:歯科医師(勤務医)65名、歯科衛生士46名(Dentwave会員)
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる