IDS -ケルン国際デンタルショー2019 記者発表

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

IDS -ケルン国際デンタルショー2019 記者発表
10月5日(金) ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルにて、2020年3月12日(火)~3月16日(土)にドイツのケルンにて開催される「IDS -ケルン国際デンタルショー2019」の記者発表が行われた。記者発表にはドイツ歯科工業会(VDDI)から事務理事長のDr.マルクス・ハイバッハ氏、ホルガ―・レーマン氏、ケルン見本市会社からマルクス・オスター氏の計3名が出席した。
IDSは1923年から開催が始まった世界最大級の国際デンタルショーであり、歯科のあらゆる分野の技術が集結した最も包括的な歯科のマーケットプレイスである。開催毎に大会の規模は拡大しており、2017年に開催された前大会(第37回)には世界59ヶ国から2,305社が出展し、世界157ヶ国から155,000人以上の参加者が来場した。日本からは2,000人以上が参加した。
2年に1度、開催されるIDSは設立95周年であり、次回で第38回目を迎える。出展企業からの評判も高く、50%以上の企業が出展後の売上増加を実感したと回答している。 次回のIDSでは様々な面でのパワーアップを試みている。まずは総展示面積である。展示ホールをさらに1つ追加し、出展企業数と来場者数を大幅に増加させる予定だ。さらに、海外からの来場者のために周辺の交通機関との連携にも力を注いでいる。既に無料で利用可能なライン=ジークの公共交通機関が2019年にはIDSの開催地方であるライン・ルール地方にも拡張されることになっている。これにより来場者は快適に会場へ足を運ぶことができる。また、来場者数が年々増加していることを考慮し、IDS来場者にはケルンの周辺エリアやライン・ルール地方から魅力的な宿泊施設を予約できるサービスに加え、IDS開催期間中ライン川におけるホテル船や民泊などのサービスも提供される予定である。
「2019年のIDSは、歯科業界を変える国際デンタルショーになる。」と開催に先駆けてVDDIの3名は本大会に懸ける想いと意気込みを語った。来年のIDSで歯科の最新トレンドをぜひ観ていただきたい。
開催概要

展示会名称:IDS2019/ ケルン国際デンタルショー2019
主催   :GFDI(歯科産業振興協会)、VDDI(歯科工業会)、Koelnmesse GmbH(ケルン見本市会社)
日程   :2019年3月12日(火)~16日(土)
開催時間 :AM9時~PM6時
会場   :ケルン見本市会場
入場資格 :業界関係者、報道関係者
出展商品 :歯科医療器具・設備、デンタルラボ用器具・設備、機械・工具、歯科材料、医薬品、インプラント、義歯・整形用パーツ、洗浄・消毒・デオドラント、殺菌剤、虫歯、予防、医療用デジタル機器、サービス、その他

記事提供

© Dentwave.com

閉じる