特定非営利活動法人 日本臨床歯周病学会第42回年次大会レポート! 【大阪・関西Perio万博2024〜未来へ繋ぐぺリオ・インプラントの 最前線〜】

この記事は
無料会員限定です。

2024年6月15日(土)、16日(日)の両日、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて特定非営利活動法人 日本臨床歯周病学会第42回年次大会が「大阪・関西Perio万博2024〜未来へ繋ぐぺリオ・インプラントの最前線〜」をテーマに開催され、多数の歯科医療従事者の方々が参加されました。

開催概要

大会長:瀧野 裕行
実行委員長:鈴木 秀典
日本臨床歯周病学会 理事長:木村英隆
後援:日本医師会、日本歯科医師会、日本歯科医学会、日本歯科衛生士会、日本歯学系学会協議会、歯学系学会社会保険委員会連合、日本歯科技工士会、日本歯周病学会、日本顎咬合学会、大阪府医師会、大阪府歯科医師会、大阪府歯科衛生士会、大阪府歯科技工士会、京都府歯科医師会、兵庫県歯科医師会、和歌山県歯科医師会、奈良県歯科医師会、滋賀県歯科医師会、日本歯科技工所協会

日本臨床歯周病学会 理事長 木村英隆先生からのご挨拶

理事長の木村先生は「7年ぶりの大阪大会となりましたが、無事に大会当日を迎えることができました。瀧野大会長をはじめとした実行委員会の方々が、約2年前のまだコロナの収束も見えない時期に立ち上がり、粛々と準備を進め、このような素晴らしい大会を企画していただき、参加者を代表して御礼を申し上げたい」と、感謝の言葉を述べていました。

さらにはたくさんのシンポジウムと、万全を期して準備してきた懇親会についても、楽しみにしていると期待に胸を膨らませている様子が伺えました。

本大会のプログラム

本大会は、国内外のさまざまな分野、専門の方々が集まり、より広く深く情報の提供や交換ができるようなプログラム構成となっており、多くの参加者の興味関心を集めていました。

歯科医師セッションとしてイタリアからミラノ大学准教授であり、ハーバード大学、ミシガン大学の准教授でもあるGiulio Rasperini 先生が招聘され、歯周再生療法や天然歯およびインプラント周囲のマネジメントについて講演されました。

また、本学会では初の歯科衛生士セッションにおいてもイエテボリ大学からJessica Anderson先生が招聘され、歯科医師、歯科衛生士ともにグローバルなセッションとなり、参加者にとっては学び多き、貴重な時間となりました。

さらに、国内演者においては、歯科VR未来セッションやペリオーオルソ、エンドーペリオ、歯周再生療法、インプラント周囲炎などさまざまな示唆に富んだ充実した内容のシンポジウムや講演が行われ、各支部が推薦したイチ推しの中堅歯科医師も登壇していました。

企業展示について

本大会の企業展示は合計82社と多数の企業が参加し、大盛況の2日間となりました。

また、日本臨床歯周病学会第42回年次大会は当日のプログラムのオンデマンド視聴を予定しています。7月10日(水)~ 8月20日(火)の間で視聴可能となりますので、ぜひこの機会にご視聴いただければと思います。

詳しくは日本臨床歯周病学会第42回年次大会のホームページをご覧ください。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ