【webセミナー受講後のレポート】エビデンスを知れば怖くない!歯周外科における切開・縫合までの基本知識

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

この記事は
無料会員限定です。

▲4mm以上の歯周ポケットだとSRPのみでは歯周治療が不十分になる可能性が高い

エビデンスを知れば切開・縫合は怖くない!

今回受講したDentwave.com有料ウェビナーのレビューは、「呉圭哲」先生による「歯周外科における切開・縫合までの基本知識」である。

SRP後の歯周病検査時、測定した歯周ポケットがまだ深く、歯周外科による改善が必要であろうと判断しても、歯周外科を実際に行うクリニックは実際に少ないであろう。

歯周外科は時間がかかるためクリニック側の時間的制約が大きく、加えて歯周外科を受ける患者側の心理的不安も大きいことが要因となる。加えて、歯周外科を行うドクターの心理的不安なども関係している。

本記事では、テキサス大学歯学部歯周病科の呉圭哲先生がアメリカで実際に学ばれた、エビデンスに基づく歯周外科の基本的な知識を解説して下さっている。切開から縫合までの各ステップで詳しく解説されているため、明日からの歯周病治療に活かせるウェビナー内容である。
▲SRPによるPPD減少効果

「歯周外科における切開・縫合までの基本知識」ウェビナー詳細

チャプター1:なぜ歯周外科が必要か?歯周外科の目的と適応条件
チャプター2:歯周外科の分類・選択基準
チャプター3:切開デザイン・縫合

【エビデンスを知れば怖くない!】歯周外科における切開・縫合までの基本知識
*5,500円(オンデマンド配信、25分、クレジットカード決済)
*視聴時間:約63分(3部構成)、オンデマンド配信(いつでも視聴可能)、受講料5,500円、クレジットカード決済
▲歯周外科の前に口腔内環境や全身疾患のコントロールは必須

こんな方におすすめ👨‍⚕️

・歯周外科の手技に不安があり自信のない歯科医師の方
・最新のエビデンスに基づく歯周外科の治療をしたい歯科医師の方
・改めて歯周外科の基礎(切開・縫合)を勉強したい歯科医師の方

本記事ではウェビナーの内容の一部を踏まえながらお勧めポイントを紹介する。
読者の歯周病治療の一助になれば、幸いである。
▲炎症は切開線から3mmまで拡大するため、バイトは3mm以上に

イラストや写真により歯周外科の基礎(切開・縫合)を分かりやすく学べる

ウェビナーではイラストや写真が多用されており、切開や縫合などの歯周外科の基礎知識を分かりやすく学べる。本項では、本ウェビナーを受講し初めて知った2つのワード(上の見出し画像参照)があったので紹介したい。

ピッチ:縫合刺入点間距離
バイト:縫合刺入点と切開線との距離

バイトについては3mm以上にすることが推奨された。理由としては炎症が切開線から3mm程度まで拡大するため、3mm未満の縫合だと縫合線の剥離や創部の破裂などのリスクがあるからである。

歯周組織再生療法後に縫合する際は針の刺入角度は90度を意識し、ピッチとバイトのサイズを合わせることが大切である。抜糸については、エビデンス的に1週間でなく10−14日が良いとされている。

縫合以外にもメス毎の切開のコツや縦切開のデザインなどについてもイラストや実際の症例写真を用いて詳しく解説されていた。
▲歯周ポケットの骨欠損の角度が26度未満だとGTRによる治療効果が高い

歯周外科の最新のエビデンスを効率的に知ることができる

呉先生はウェビナーの中で多くの研究報告を逐次紹介しながら歯周外科の基礎を解説してくださった。

一つだけ紹介すると、歯周病による骨欠損の形態の違いによってGTRの効果(骨充填)が有意に異なるという研究報告もある。

紹介された学術論文に目を通してみたが、上の見出し画像のイラストが論文内に実際にある。論文内では、歯と歯槽骨の間隔が狭く角度の小さい骨欠損形態(骨欠損角度(BDA)が26°未満、骨欠損の深さが3mm以上)であると、GTR後にみられる骨充填が顕著であったと述べられている。
参考文献: https://aap.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1902/jop.2001.72.12.1639
上の見出し画像のようなスライドを用いて、他にも様々な研究報告をもとに、歯周外科に関する基礎が丁寧に解説されている点もウェビナーのお勧めポイントである。
▲歯周外科の基礎とはいえど日常臨床に役立つ情報が満載!

「歯周外科における切開・縫合までの基本知識」を受講して

本ウェビナーを実際に受講し、歯周外科の切開・縫合に関する知識が整理され、最新のエビデンスを知ることにより自身の知識がよりアップデートされたように感じている。

特に、切開剥離による血液供給を考慮したフラップデザイン(見出し画像参照)については非常に勉強になった。あまり切開・縫合する機会はないが、過去に歯周外科を行った際にここまで意識して処置を行っていた訳ではなかったため、歯周外科をする機会があれば本ウェビナーで学んだことをアウトプットしたい。

歯周外科の基礎知識をおさらいしたい、歯周外科の処置に自信があまりない歯科医師の方は勿論のこと、歯周外科に関する最新のエビデンスを知りたい方にもお勧めしたいウェビナー内容になっている。

【エビデンスを知れば怖くない!】歯周外科における切開・縫合までの基本知識
*視聴時間:約63分(3部構成)、オンデマンド配信(いつでも視聴可能)、受講料5,500円、クレジットカード決済

本ウェビナーのレビュー記事が読者の日常臨床のお役に立てれば、嬉しい限りである。
▲新潟(佐渡を中心とした)名物集

編集後記〜新潟県佐渡島の金山が世界遺産に!?〜

新潟県の佐渡島にある「佐渡金山」の世界遺産登録を佐渡市が頑張って目指しているニュースが最近ありました。過去に島根県の石見銀山のように世界遺産に登録されて観光客が4倍増加したところもあります。日本一大きな離島としても有名な佐渡島は大きな注目を浴びています。

新潟港や直江津港からフェリーやジェットフォイルで1−2.5時間かかる場所です。名物は海の幸がメインでブリを使った料理が多く、佐渡牛を使った料理も観光客に人気があります。
▲佐渡島の観光名所
佐渡には至る所に観光名所があるので、北端の二つ亀から南端の小木(宿根木・たらい舟)までしっかりと観光したい場合は2泊3日ほどは最低確保する必要があると思います。佐渡金山では動く人形により当時の生活が分かりやすく再現されていて非常に勉強になります。

佐渡金山は佐渡島中央西の相川エリアに位置し、他に奉行所・北沢浮游選鉱場跡・京町通など外せない観光名所がある場所です。もし、日帰りで佐渡島の主要観光スポットだけを見たいのであれば、レンタカーを借りて相川エリアに絞るのが良いでしょう。

佐渡の北の観光名所「大野亀」のトビシマカンゾウ(見出し画像の右下の花)が沢山見られるのが6月で、新潟県佐渡市と山形県酒田市のみでしか見られない花です。佐渡南端に行けば「たらい舟」に乗る貴重な体験ができるので、南北端を訪れるために出来れば2泊(早朝から動いて1泊)することをお勧めします (*1泊なら相川エリア、2泊なら相川+北端or南端エリア宿泊がお勧めです)。

佐渡島観光の参考になれば、幸いです!

古川 雄亮(ふるかわ ゆうすけ)

日本矯正歯科学会 所属

東北大学歯学部卒業後、九州大学大学院歯学府博士課程歯科矯正学分野および博士課程リーディングプログラム九州大学決断科学大学院プログラム修了。歯科医師(歯学博士)。バングラデシュやカンボジアにおいて国際歯科研究に従事。イエテボリー大学歯学部 "Oscillation course" 修了。2018年より、ボリビアのコチャバンバで外来・訪問歯科診療に携わり、7月から株式会社メディカルネットに所属。
主に、DentwaveやDentalTribuneなどのポータルサイトにおける記事製作に携わり、2019年7月よりメディカルネットの顧問。離島歯科医療に従事後、本島で歯科臨床に従事する傍ら、記事の監修・執筆、歯科医師国家試験模擬試験の編集業務、企業コンサルタント、マウスピースの製品管理、オンライン診療などを個人事業主として行っている。

【筆者プロフィール】
https://saipon.jp/h/web_writing98765/2

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

【webセミナー受講後のレポート】若手MBA歯科医師の特別講義 たった2本で解決! 保険診療の治療単価の上げ方&自由診療の価格の決め方

【webセミナー受講後のレポート】白くならない、痛い・・・から卒業!ホワイトニングスキルアップセミナー

【webセミナー受講後のレポート】患者の心をグッと掴む「聴き方」と「伝え方」

【webセミナー受講後のレポート】根管治療における歯科用CBCTの活用方法 画像の見方と治療への活かし方

【一部無料公開】歯周外科・インプラント埋入から医院マネジメントまでまるわかり!瀧野裕行Drのオペが学べるオンライン塾

【webセミナー受講後のレポート】新規採用だけじゃない!MBA歯科医師が実践する従業員満足度向上という名の採用戦略〜出産・育児等のライフイベントから歯科衛生士の復帰率を高める方法〜 ウェビナー講師:「猪原 健」先生

【webセミナー受講後のレポート】長い破折ファイルの除去方法

【webセミナー受講後のレポート】歯科医院開業の成功のカギ!開業前to doリストの作り方

新着ピックアップ