辻 要先生による「歯科オンライン相談の実際と今後の可能性について(口腔外科)」

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

辻 要
#TELE-DENTISTRY REGULAR MEETING
・現在行っている遠隔相談の実際について(D to D)
・今後必要となってくると思われる遠隔相談、診療および治療(D to D、D to DH、D to P)
(遠隔相談を取り入れた新しい流れ・メリット・デメリット)
 
講師プロフィール


辻 要 歯科医師
辻 要 歯科医師
【資格】
日本口腔外科学会 専門医・指導医
日本顎関節学会 専門医
日本口腔科学会 認定医・指導医

平成17年3月 大阪歯科大学卒業
平成21年3月 大阪歯科大学大学院歯学研究科博士課程修了
平成21年8月 市立岸和田市民病院 歯科口腔外科勤務
平成24年4月~大阪歯科大学口腔外科学第一講座 助教
平成28年7月~29年4月 中華人民共和国上海交通大学医学院附属第九人民医院に留学(張 陳平教授師事)

専門分野
研究
●口腔腫瘍 ●歯原性腫瘍・嚢胞(エナメル上皮腫や歯原性角化嚢胞など)
臨床
●口腔腫瘍 ●口腔粘膜疾患 ●顎関節症 ●顎顔面外傷 ●歯牙移植など

#TELE-DENTISTRY REGULAR MEETING

『歯科オンライン相談の実際と今後の可能性について(口腔外科)』 動画を観る(前編) 動画を観る(後編)

動画視聴・テキストを見るにはDentwaveの会員登録(無料)が必要です。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる