COVID-19:第一線で活躍する歯科医師にワクチンの接種を義務付ける

COVID-19:第一線で活躍する歯科医師にワクチンの接種を義務付ける

この記事は
無料会員限定です。

英国・ロンドン:先週、英国のサジッド・ジャビット保健社会福祉省長官は、英国の第一線で働く医療従事者(NHSや民間企業で働く歯科医師を含む)が、現在の業務を継続するためには、2022年4月からCOVID-19の予防接種を受ける必要があると発表しました。このニュースは、英国歯科医師会(BDA)を含む医療組合や組織から様々な反応が寄せられており、BDAの最高経営責任者は「国内の診療所ですでに脆弱なアクセスが損なわれるリスクがある」と述べています。

ジャビット氏は先週、下院でこのような声明を発表し、ワクチンの義務化について医療関係者やNHSのリーダーと協議したことを明らかにしました。ジャビット氏によると、イングランドのNHS職員の90%以上がすでにCOVID-19ワクチンを2回接種しており、国内の医療従事者のうち約10万3千人が未接種であるとのことです。ジャビット氏は、患者と直接接触しないスタッフや、医学的な理由でワクチンを接種していないスタッフは、来年4月の義務化の対象外であることを示しました。

ジャビット氏は、「我々は予防可能な被害を回避し、NHSの患者、NHSの同僚、そしてもちろんNHS自体を守らなければなりません。」と述べました。

義務化が労働者不足を悪化させるとの懸念

ジャビット氏の発表は、英国の多くの医学・歯科学関係の団体から生温い反応を得ており、義務化がNHSのスタッフ数や患者の待ち時間に悪影響を及ぼす可能性を指摘する声も聞かれました。

NHS Providersの最高責任者であるChris Hopson氏は、英国政府がこの政策の導入を「当面の冬のプレッシャーが緩和されるはずの寒い時期」まで遅らせたことを評価しました。しかし、COVID-19の接種が義務化されると、接種を受けていない医療従事者が抗議のために離職することで、「人員不足を悪化させる危険性がある」と警告しています。

「これがうまくいけば、ワクチン接種の義務化は、医療現場での感染症のリスク低減に役立つでしょう」とHopson氏は書いています。

「そして、多くのスタッフが再配置されたり、サービスを離れたりするかもしれませんが、義務化によってスタッフの病気欠勤が減り、一部の同僚はCOVID-19に感染したり、大切な人に広めたりすることへの不安が減るかもしれないという期待があります。」と続けています。

BDAが懸念を表明

11月12日に発表された声明の中で、BDAの最高責任者であるマーティン・ウッドロー氏は、歯科労働組合は英国におけるCOVID-19ワクチン接種プログラムを「強く支持」しているが、ジャビット氏の戦略はイングランドの歯科医師の労働力を減少させ、患者に悪影響を及ぼす可能性があると考えていると述べた。

「昨年、NHSで働く歯科医師の数は951人減少し、2013-14年度のレベルまで減少しました」と述べています。

ウッドロー氏は、「利用可能な労働力がわずかに減少しただけでも、サービス提供に大きな影響を及ぼします。閣僚たちは、すでに長い治療待ちに直面している患者のアクセスをさらに制限し、NHSの目標を達成できなければ財政的なペナルティを受けることになる多くの歯科医院の財政的な存続を危険にさらすことになります」と述べています。

ワクチンを躊躇する傾向が続いています

デンタル・トリビューン・インターナショナルが以前に報じたように、COVID-19ワクチンの躊躇は、歯科医師や学生の間で驚くほど多く見受けられます。2021年5月に英国の医療従事者11,584人を対象に行われた調査では、23%がワクチンの接種を躊躇していることがわかりました。研究者によると、躊躇の独立した予測因子として、若年、女性の性別、雇用者への信頼度の低さ、前シーズンのインフルエンザワクチンの摂取不足、妊娠などが挙げられています。

一方、ヨーロッパとパレスチナの大学の研究者がCOVID-19ワクチンに対する歯学部の学生の態度を調査したところ、22.5%が躊躇し、13.9%が完全に拒否していました。また、学生の居住地や留学先の国の社会経済状況が、ワクチンの受容性に大きな影響を与えていることがわかりました。30.4%の回答者が躊躇していたのに対し、中高所得国では19.8%でした。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Brendan Day, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ