パンデミックの影響で英国の歯科医が過去最多の相談を受ける

パンデミックの影響で英国の歯科医が過去最多の相談を受ける

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

グラスゴー(英国):COVID-19のパンデミックに伴う規制の変更は、歯科医師が行うことのできる業務の範囲に常に影響を与えてきました。どのような処置が許可されていて、どのような処置が許可されていないのかを正確に理解することは、継続的な課題となっています。
英国の代表的な医療弁護団の一つであるスコットランド医療歯科弁護団(MDDUS)は、2020年中にアドバイスやサポートを求める歯科医師からの問い合わせが過去最多となったことを発表しました。

同組合は、「Annual Report and Accounts 2020」において、英国の歯科医療従事者からの書面によるアドバイスの依頼が2019年と比較して83%増加したこと、アドバイス関連の電話が21%増加したことを報告しました。MDDUSによると、より頻繁に議論されたトピックは、ロックダウン中の急性歯科疾患患者への治療の提供、遠隔診察を適切かつ効果的に行うために必要な手順、歯科医院が特定の感染対策を実施した状態で再開した際の、コンプライアンスのない患者や対立する患者への対応の難しさなどでした。

このような支援にもかかわらず、パンデミックによってもたらされた継続的なストレスが、多くの歯科従事者の自分の職業に対する態度に悪影響を及ぼしていたと、MDDUSは指摘しています。2020年末に行われたMDDUSの会員を対象とした調査では、61%がこの1年間の経験から歯科医を辞めたいと思ったことを認めています。

MDDUSの歯科部門の責任者であるStephen Henderson博士は、プレスリリースの中で、「英国の歯科医院は、パンデミックが始まったときに、その将来に対する存亡の危機に直面していた」と述べています。

彼はこう続けた。「診療所の閉鎖による経済的な影響は、PPEの供給、そして安全性への懸念によって悪化しました。2020年は、英国の歯科医師にとってキャリア最大のチャレンジだったと言っても過言ではありません」。

ヘンダーソンは、「私のチームが歯科医師会員をサポートするために並々ならぬ努力をしたことを誇りに思います。その成果は、年次報告書で発表されたデータを見ればわかります」と締めくくりました。

フェイスマスクの使用が悩みの種

英国政府が7月19日にほぼすべてのCOVID-19規制を終了すると、イングランドの閉鎖された公共スペースではフェイスマスクが法的に必要なくなります。BBCによると、企業は顧客に対して独自のルールやガイドラインを設定することができるようになり、大手スーパーのTescoやSainsbury'sは、買い物客にマスクの着用を引き続き求めることを発表しました。

先週、MDDUSは別のプレスリリースで、この規制緩和の発表を受けて、歯科会員から歯科診療所でのフェイスマスクの使用に関する説明を求める声が急増したことを報告しました。MDDUSは、これらの要望に応えるべく、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドのChief Dental Officerに手紙を送り、歯科医院でのマスク着用に関するさらなるアドバイスを得ることを目的としています。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Brendan Day, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる