臨床医にとっての悪夢である背中の痛み

臨床医にとっての悪夢である背中の痛み

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

腰痛は、座ったり立ったりする姿勢が正しくない場合に生じる最も一般的な症状の一つです。腰痛は、徐々に起こる場合もあれば、突然起こる場合もあります。多くの歯科医師は、腰痛を経験して初めてその影響の大きさに気付きます。幸いなことに、長期にわたって肩や背中の痛みに悩まされている人もいますが、このような痛みは数週間から数ヶ月の治療で軽減することができます。

腰痛は、歯科医師という職業の大きなデメリットの一つです。歯科医師の70%以上が慢性的な腰痛に悩まされているという調査結果もあります。フランスの歯科医師の背中の痛みの有病率と強度に関するある研究では、女性の歯科医師は男性よりも、特に首と上背部の痛みの頻度と強度が高いと報告しています。同じ研究では、年齢と診療年数が痛みや不快感の強さに直接関係していました。

歯学部の学生が筋骨格系の痛みを感じるようになってきており、これは憂慮すべきことです。私自身、臨床家であり、長年にわたり歯学部生と大学院生を教えてきました。また、様々な研究プロジェクトや調査にも携わってきました。私の経験からすると、臨床家の腰痛の原因は、間違った姿勢やポジショニングであることは明らかです。

この問題は通常、歯科医師の学生が勉強の初期段階でファントムヘッドを使った作業を始めることから始まります。実習を始めたばかりの学生は、すべての情報を吸収し、プログラムされた課題をこなすことに躍起になっていることが多いです。講師は、必要な姿勢やポジショニングについて詳しく説明するかもしれませんが、若い施術者は作業距離を最小限にして治療エリアに近づくことで、自分が何をしているのかをよりよく見ることができ、結果としてより良い結果が得られると考えがちです。これは間違った考えです。

私も含め、多くの講師はしばらくすると、正しい姿勢の重要性を繰り返し語ることに疲れてしまいます。残念なことに、当の学生は問題が悪化する一方であることに気づかず、最初の患者さんを治療するようになって初めて気づくのです。学習内容にギャップがあるため、姿勢やポジショニングを修正するだけの自信が持てず、誤った姿勢やポジショニングが残ってしまうのです。

この7年間、私はこのテーマに特別な注意を払ってきましたが、いくつかの興味深い事実を発見しました。例えば、メガネの着用が姿勢に影響を与える主な要因の一つであることがわかりました。眼科医が提供する通常の老眼鏡は、焦点距離が22〜25cmです。そのため、学生や施術者は、はっきりと見るために推奨される距離を維持します。約40〜45cmの新しいメガネを求めることは、大きな助けとなる簡単な解決策です。

もうひとつの興味深い事実は、練習生は自分の姿勢やポジションが正しくないことを誰よりもよく知っているにもかかわらず、それを修正する方法を知らないということです。自信がないために自分の癖に挑戦することができず、助けを求めることが多いのです。


デンタルケアユニットの選択

歯科医療に携わる者として私は、腰痛に悩む多くの専門家が最初にすることは、新しい患者用の椅子を手に入れることだと気づきました。そこで私は、フィンランドのヘルシンキに本社を置く有名な歯科用ユニットメーカーであるプランメカ社に連絡を取り、このテーマについて意見を聞いてみました。プランメカ社は、様々な構成のデンタルケアユニットを提供しています。プランメカの上級副社長であるJukka Kanerva氏は、「当社の製品哲学は、機器がユーザーの作業方法に適応することであり、その逆ではない」と説明してくれました。

プランメカ社はグローバル企業であり、その製品は120カ国以上で販売されています。これらの市場で成功を収めるために、同社の歯科部門は異なる市場要件に適応しなければなりません。「例えば、日本の歯科医師の好みは、フランスの歯科医師の好みとは大きく異なります。人には様々な形や大きさがあり、歯科医師が好む機器提供システムの種類も異なります。」とKanerva氏は説明しました。

「また、座って治療したい人もいれば、立って治療したい人もいます。つまり、デンタルユニットのデザインは、いくつかの異なる変数に適応する必要があるのです。このような理由から、当社のプランメカ・コンパクトi5デンタルユニットは、ほぼ無制限に様々なお客様の構成に対応することができます。また、全てのユニットは、左利きのユーザーのためにカスタマイズすることができます。」と続けました。

Planmeca社の対応からも分かるように、メーカーは開業医に必要なものを喜んで提供しています。Kanerva氏は、プランメカ社は人間工学のガイドラインや研究に忠実に従っており、これらは製品開発プロセスのバックボーンとなっていると断言しました。彼は、「またプランメカ社では、ユーザビリティスペシャリストによるクリニック訪問や営業スタッフによる展示会訪問など、様々な方法でお客様からのフィードバックを収集しています。」とコメントしています。

「もちろん、誰でもウェブサイトを通じてアイデアを提出することができ、提出されたアイデアはデータベースに保存され、分析されます。最も多い要望は、特定の作業方法に関連するもので、これは国ごとに異なります。世界中の歯科医師が求めているのは、使いやすさと人間工学に基づいた操作性です。私たちは常に業界のトレンドと発展を追いかけています。」また、プランメカ社には社内に資格を持った歯科医師が数名おり、臨床医の視点から日々の歯科ワークフローの改善に貢献していると彼は付け加えました。さらに、同社は歯科医院と協力して製品をテストしているといいます。それでは、歯科用ユニットメーカーが考慮しなければならない主な要因は何でしょうか?

「デンタルユニットの設計・製造には、いくつかの重要な要件があります。まず、ユニットは様々な作業姿勢に対応する必要があるため、インスツルメントデリバリーの幅が広く、スムーズな動きが重要です。また、患者用チェアの可動域の広さや、チェアの背もたれの形状も、臨床家が患者にできるだけ近づき、最適な作業姿勢を見つけて維持できるようにするために重要です。」とKanerva氏は説明します。

「人間工学に基づいた仕事の進め方をするためには、患者の治療に必要な全ての機器や器具を近くに置き、器具が常に施術者の周辺視野に入るようにする必要があります。このようにして、手や腕の動きを指、手首、肘に限定し、肩や胴体の大きな動きを避けることができます。また、中折れ式の特殊な機器アームを設計し、機器を特に軽量化することで、人間工学に基づいたワークフローに貢献しています。」

メーカーの説明からも分かるように、臨床家の要望に耳を傾けることは利益に繋がります。しかし統計によると、多くの臨床家が未だに腰痛に悩まされています。腰痛の対処法を知らない歯科医師の多くは、立ったままの姿勢や座ったままの姿勢で仕事をしようとしますが、残念ながら、特に上半身と下半身の痛みが強くなることが報告されています。とはいえ、施術者が必要な作業を行うために立っていなければならない状況もあります。抜歯や印象採得の際などです。


正しい姿勢の維持

良い姿勢を維持することで、練習者は優れた成果を得ることができ、腰痛などの将来的な問題から身を守ることができます。また、施術者が作業領域を正しく見ることができるため、パフォーマンスが最適化され、異所性の損傷のリスクを最小限に抑えることができます。一般的に考えられていることとは異なり、目を作業領域に近づけても、臨床家がハンドピースを上手にコントロールすることはできません。実際、25cm以下と近すぎると、精度が低下するだけでなく、患者さんに不快感を与えてしまいます。

実務家と話していると、多くの人が自己啓発書に頼っていることに気づきました。これらの資料は比較的高価で、非常に一般的な方法で書かれていることが分かりました。そこで私は、右利きと左利きの学生や歯科医師と一緒に3年近くかけて「Posturedontics」という教科書を作り、出版しました。この教科書は、それぞれの歯の表面領域を治療するのに最適な位置と姿勢を示すことを目的としています。この本は数年前に出版されましたが、素晴らしい反響がありました。この本を最初に使うのは難しいですが、理解するとすぐに利益が得られると述べた開業医もいました。

「ターゲットエリアに近づきすぎると精度のレベルが下がるだけでなく、患者に不快感を与えることになる」

施術者が頭を動かしたり、姿勢を変えたりする必要がある場合は、施術中に作業面を正しく見ることができていない場合がほとんどです。それぞれの作業に最適な姿勢を保てていないと、施術結果にも影響が出てしまいます。このテーマについて施術者にガイダンスを与えるために、私はUKデンタルコースで姿勢とポジショニングに関するコースを始めました。

調査によると、臨床家の約85.5%が頭を前に出した姿勢をとり、68.8%が肩を丸めた姿勢をとっています。このため、臨床医の36.1%が脊柱管狭窄症や脊柱管拡張症を患っています。作業姿勢に関する研究の多くは、腰や首へのリスクが高いことを示しています。しかし、適切な姿勢で首の筋肉を強化するエクササイズは、このリスクを最小限に抑えるために重要な役割を果たします。

歯科医の背中の痛みは、主に間違った姿勢が原因であることは明らかですが、兆候や症状を調べたり見直したりすることで、別の診断を除外する必要があります。深刻な基礎疾患が疑われる場合には、適切な専門家を紹介し、関連する指導を受けるべきです。薬物療法、エクササイズ、手術、冷温療法などが、確定診断に応じて最も一般的な治療方法です。しかし、施術者が姿勢や体勢を改善しなければ、痛みは再発します。

日々の活動を続けるために、施術者はパラセタモールやイブプロフェンなどの市販の鎮痛剤を服用することをお勧めします。私の意見では、薬を飲むことで一時的に気分が良くなるかもしれませんが、問題が永久に解決するわけではないので、これは病態の重症度によります。腰痛体操、ボトムトゥヒールストレッチ、膝回し、骨盤矯正などのエクササイズが有効です。

結論として、若い学習者は、初日から自分の姿勢とポジショニングの重要性を理解し、インストラクターの推奨に従う必要があります。誤った姿勢やポジショニングは、腰痛などの不快感を引き起こすだけでなく臨床家の自信を失わせ、治療結果にも影響します。既存の自助努力の情報源は非常に限られており、臨床家はこのテーマに関してより多くの助けを必要としています。腰痛に対処することは非常に重要であり、治療を先延ばしにするとさらに合併症を引き起こす可能性があります。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Dr Ali Nankali

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる