口腔医療従事者の健康を維持するための仕事上の要因を明らかにする研究

口腔医療従事者の健康を維持するための仕事上の要因を明らかにする研究

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

リンショーピング(スウェーデン): 口腔医療従事者の健康と健康的で有意義な労働生活に関連する要因に焦点を当てた研究は、ほとんどありません。スウェーデンの様々な保健機関の研究者たちは、どのような口腔医療従事者が職場で健康を維持しているのか、また、組織的要因、仕事関連要因、健康関連要因がこれに寄与しているのかを分析することを目的とした研究を行いました。

スウェーデンの歯科医院に勤務する歯科医師、歯科衛生士、歯科看護師の合計486名が、2012年と2014年に実施されたアンケートに参加し、人口統計、健康指標、仕事と組織の要因に関する質問を行いました。病気休暇や病気予備軍のない口腔医療従事者を対象に、リーダーシップ、職場でのサポート、労働条件、仕事のコントロール、仕事の要求、労働能力、健康についての認識を質問しました。そしてその回答を、病気欠勤や病気欠勤を報告した口腔医療従事者の結果と比較しました。

データ分析のために、参加者を健康なグループ、準健康なグループ、不健康なグループの3つに分類しました。回答者は、2012年または2014年に病気休暇または病気の有無を報告していない場合、健康と分類されました。3つのグループは、性別、年齢、職業分類、診療所の規模、歯科医院での勤務年数、週あたりの労働時間などの点で、有意な差は見られませんでした。

研究者たちは、健康なグループに属する可能性が高い要因として、身体的な作業能力が高いこと、首、手首、手、腰に痛みがないこと、肩に筋骨格系の症状がないこと、勤務終了時の労作感が低いこと、睡眠に問題がないこと、などを挙げました。

デンタルトリビューンインターナショナルは、主著者であるリンショーピン大学健康・医学・介護科学部の非常勤上級講師であるCharlotte Wåhlin博士に、この研究結果を受けてどのような影響があるのかを尋ねました。すると彼女はこう答えました。「私たちが伝えたいのは、ケガを防ぐような仕事の進め方は可能だということです。雇用者と従業員は、体系的な職場環境の管理に取り組み、リスクを特定し、それらに対処するための計画を立てる必要があります。雇用者は、職場での健康を促進するために何ができるかを従業員に尋ねるべきです。今回の調査結果から、従業員には様々なニーズがあり、その健康状態も明らかに異なることがわかりました。」

Wåhlin氏は、スウェーデンの産業保健サービスで、人間工学の専門家や労働安全衛生コンサルタントとして働いてきました。彼女は歯科医療従事者の労働環境に興味を持ち、「歯科医療従事者への予防的な労働対策の教育を行うとともに、病気で休んでいた従業員の復職を支援した」と言いました。

特に新型コロナウイルスのように、身体的な被害よりもウイルス感染を心配する人が多い時代には、歯科医師の人間工学的な側面が軽視されがちではないかという質問に対しては、「歯科医師は確かに予防的な介入にもっと関わることができる」と答えました。「しかし、個人やグループ全体に影響を与える要因やリーダーシップの重要性などの全体像を見るためには、肉体的・精神的な被ばくを同時に評価する必要があります。私の印象では、新型コロナウイルス発生時には歯科医院には急性期の患者が多く、これが仕事上の被ばくに悪影響を及ぼす可能性があると思います」と彼女は強調しています。

Wåhlin氏は、歯科医療従事者が業務上の障害を防ぐために、人間工学に基づいたエクササイズを日々の診療に取り入れることを推奨しています。「仕事をしている間は、肉体的にも精神的にも変化を与えるようにしましょう。カルテを書くときには立ち上がって、プリズム眼鏡や人間工学に基づいて設計された良い椅子など、人間工学に基づいた作業器具を使いましょう。また、様々な器具を試したり、様々なグリップを使ったり、首の負担を減らすために顎を引いて首に角度をつけたり、背中を曲げるのではなく、腰から折るようにしましょう。」

また彼女は、「自分の頭ではなく、患者さんの頭に角度をつけることや、デンタルチェアをあえて後ろに倒すことも大切です。他にも、ウォーキングミーティングをしたり、事務的な作業を日中に行うなど、参考になることが沢山あります。お互いに話し合い、協力して仕事のバリエーションを増やしていきましょう!」と付け加えました。

本研究の著者は次のように結論づけています。「労働条件と幸福度の関係を理解することは、口腔医療従事者の労働条件と健康を改善するための具体的な介入策をデザインする上で非常に重要であります。今後の介入研究では、職場のリソースがどのように従業員の健康と幸福に影響を与えるかに焦点を当てるべきであることを提案します。」と述べています。

「職場で健康を維持する口腔保健医療従事者の仕事と健康の特徴、公衆歯科における前向きな研究」と題されたこの研究は、号外への掲載に先駆けて、2021年4月6日にヨーロピアンジャーナル・オブ・フィジオセラピーのオンライン版で発表されました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Franziska Beier, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる