インタビュー:「歯科治療と口腔衛生教育へのアクセスを改善するために『Pearlii』アプリを作りました」

インタビュー:「歯科治療と口腔衛生教育へのアクセスを改善するために『Pearlii』アプリを作りました」

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

健康格差は回避可能であり、医療へのアクセスを改善することで減らすことができます。Kyle Turner博士は、歯科治療や口腔衛生教育を最も必要としている人々が利用できるようにしたいと考え、人工知能(AI)を利用した無料の歯科検診用アプリケーションを作成しました。このインタビューでは、「Pearlii」を立ち上げたきっかけや、オーストラリアの広大な遠隔地で育ったために口腔ケアへのアクセスが制限されていた(現在も制限されている)という経験を語っています。

[Turner博士、「Pearlii」とは何でしょうか、またアプリケーションを作ったきっかけは何でしょうか?]
私が「Pearlii」を作った理由は、私が子供の頃、歯科検診や口腔衛生教育を受ける機会がなかったからです。そして大人になった今、何千ドルもの治療費を支払っています。私の家族は貧しく、アウトバックに住んでいました。毎日2回の歯磨きを初めて覚えたのは、10代の頃のお泊り会の時でした。寝る準備をしているとき、私は友人が夜に歯を磨いているのをからかいました。毎日2回、ましてや毎食後に歯を磨くなんて、それまで誰も教えてくれませんでした。

健康面での不平等は、農村部と都市部、先住民と非先住民、さらには富裕層と貧困層など、人の口腔内の健康ほど顕著なものはありません。笑顔は、社会経済的地位、雇用の可能性、自尊心を即座に示すものであり、全身の健康状態を予測する大きな要因でもあります。ありがたいことに、父の友人が親切にも私に口腔衛生の基礎知識を教えてくれたので、それ以来、口腔衛生には細心の注意を払っています。しかし、多くの子供たちはそのような幸運に恵まれず、このような重要な介入ポイントに遭遇していません。私が「Pearlii」を作ったのは、これまで歯科治療や口腔衛生教育を受けられなかった人たちのアクセスを改善するためです。

「健康における不平等は、人の口腔内の健康ほど顕著ではない」

{どのような仕組みで、どの程度正確に患者さんの口腔内の問題を検出できるのでしょうか?]
「Pearlii」のユーザーは、スマートフォンを使って歯や歯肉の写真を5枚アップロードします。私たちは、カメラの照明やフォーカスを制御する技術を開発しました。鮮明な画像でなければならないので、自分で撮影できない場合は他の人に撮影を依頼するように指示しています。

私たちは、潜在的なむし歯を検出するための機械学習アルゴリズムの開発に最も長く取り組んできました。ここで強調しておきたいのは、私が「Pearlii」を作った理由として、治療費が高い、時間がない、歯科医療へのアクセスが悪いなどの理由で、歯科医院へのアクセスが制限されている人々に何かを与えるためだということです。口腔内の健康を改善するための無料の自助具となることを目的としています。「Pearlii」が収益を上げる重要な方法の一つは、ユーザーが歯医者の予約をすることです。私たちはオーストラリア国内の3,000以上の歯科医院と提携しており、ユーザーに歯科医院を受診するようにインセンティブを与えています。私たちは、ユーザーが通常よりも早く必要な治療を受けられることを切に望んでいます。

最後に、私は疫学者として働いています。もっと大きな試験をしたいと思っていました!残念ながら、オーストラリアのメルボルンでは新型コロナウイルス感染症の規制が厳しいため、正式な研究を行うことができませんでしたが、メルボルンのロイヤルデンタルホスピタルでは研究の準備が進められています。それまでは、パートナーである歯科医院で小規模な社内試験を行ってきました。今年の後半には、標準的な研究プロセスを経て、これらの試験を拡大する予定です。

[医療に影響を与え続けるAI。歯科医療にはどのような可能性があるのでしょうか?]
コンピュータビジョンソフトウェアやスマートフォンのカメラ技術の進歩により、コンピュータに歯の写真をスキャンさせて、むし歯や歯周病などの歯のトラブルをチェックし、その結果に応じた口腔衛生教育をわずか数秒で行うことができるようになりました。未来の話のように聞こえるかもしれませんが、それは今日のことなのです。

現在、私たちはヘルスケアをDIYする時代に突入しており、テレヘルス、ビッグデータ分析、クラウドベースのケアが急速に普及しています。患者さんは、必要な健康情報やサポートを得るために、インターネットを利用したり、アプリケーションをダウンロードしたり、地域のネットワークに参加したりして、自分の手で問題を解決することが多くなっています。AIは、よりパーソナライズされた、よりアクセスしやすいヘルスケアへの移行を加速しています。

AIというと専門的すぎると思われるかもしれませんが、そのほとんどは、コンピュータに画像を識別させる「コンピュータビジョン」、コンピュータがデータの中からパターンを見つけ出すためのアルゴリズムを記述する「機械学習」、統計的モデリングを用いて天気予報などの結果をより正確に予測する「予測分析」を組み合わせたものです。ご想像のとおり、潜在的なアプリケーションの数はほとんど無限です。

歯科分野では、コンピュータビジョンを使って歯科用X線写真をスキャンし、虫歯や骨折などの数十種類の病変をわずか数秒で、しかも驚くほどの精度で特定することができます。また、歯科患者の記録をスキャンして隠れたパターンを見つけ出し、治療計画を瞬時に図表化するために予測分析が使われています。私たちの目の前で、歯科市場はAIによって変化しています。今後も診断の向上、コミュニケーションの強化、治療時間の短縮、患者のトリアージの改善、感染症や再入院率の低下、さらには患者と歯科医師の大幅なコスト削減などが期待されています。

「歯科市場は目の前でAIにより変革されている」

[AIを使った歯科技術が、いつか歯医者さんに取って代わると思いますか?]
いいえ、そうは思いません。特に、レントゲン写真を撮ったり、歯科手術を行ったりする場合など、対面式の歯科治療の必要性は常にあります。

[オーストラリアにおける歯科医療へのアクセスについて、あなた自身はどのように感じていますか?また、オーストラリアにおける歯科医療へのアクセスの障壁を取り除くために、「Pearlii」はどのようなお手伝いができるでしょうか?]
私は、歯科治療の費用はオーストラリア政府が負担すべきだと強く信じています。私たちは裕福な国です。悲しいことに、オーストラリアでは、一般的な歯科医院の予約を取るのに、公的なシステムでは平均2年、都市部以外に住んでいる場合は3年待たなければなりません。これはひどい話です。オーストラリアでは、歯科医の90%が個人開業で、ほとんどの歯科医が高額な治療費を請求しています。歯科検診の平均費用は約231ドル(約2万円)です。歯科医から、なぜこんなに高い費用を請求するのか、様々な言い訳を聞きましたが、許しがたいことです。彼らはビジネスを営んでおり、収益を最大化したいと考えています。そして、その結果は?オーストラリア人の半数以上、つまり65%が過去2年間に歯医者に行っていないのです。この業界は特権階級の臭いがプンプンしており、改革の時期が来ているのです。

[「Pearlii」の次のステップは何ですか?]
私たちは、有名なインパクトインベスターの方々が「Pearlii」を支援して下さっていることを非常に幸運に思っています。これまでに125万ドルのシードキャピタルを調達しました。私たちは、世界的に口腔衛生を改善するという大きな野望を持っています。オーストラリアは、私たちの技術とブランドを発展させるための理想的なパイロットサイトでしたが、2021年末までには拡大する準備ができています。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Iveta Ramonaite, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる