矯正歯科とインプラントに力を入れているストローマングループの全地域で売上高が増加

矯正歯科とインプラントに力を入れているストローマングループの全地域で売上高が増加

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

バーゼル(スイス):新型コロナウイルス感染症のパンデミックは15カ月に及び、歯科関連企業が発表した最新の四半期業績は、パンデミック前の数値と比較することができなくなりました。このような状況にもかかわらず、ストローマングループの2021年第1四半期の業績は目覚しく、売上高はアジア太平洋(AP)地域で72%、欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域で32%、北米で19%の急増となりました。

ストローマングループは、ほぼすべての歯科市場で事業を展開しており、同社のCEOであるGuillaume Daniellot氏は4月にアナリストに対し、同社の今後の成長の中心は歯科矯正治療と歯科インプラントであるとの見通しを示しました。「ご存知のように、クリアアライナーの世界市場は、歯科医療において最も魅力的な分野のひとつです。そして、歯列矯正とインプラント歯科の成長は、一般的な歯科市場を上回ると予想しています」と、カンファレンスコールで述べました。

矯正歯科の売上は、すでに今年のストローマン社の地域業績を押し上げており、Daniellot氏は最近発売されたクリアクォーツ(臨床医が直接使用するクリアコレクトシステム用のクリアアライナー材料)に高い関心が寄せられていると予想しています。ストローマン社は最近、消費者直販のクリアアライナーシステムであるDrSmile社を買収し、当四半期中に200件目のパートナー歯科医院を達成しました。ドクタースマイルクリアアライナーを使用した治療を提供している歯科医院は、主にオーストリア、ドイツ、スペインにあり、現在、フランスとイタリアでブランドの拡大を進めており、今年後半にはポーランドとスウェーデンでの展開を予定しています。

「歯科インプラントは、高品質な歯科治療において益々重要な要素となっています」- ウェスタンデンタル社のチーフデンタルオフィサー、John Luther博士より

新しい契約の一環として、ストローマン社のネオデントブランドの歯科用インプラント、支台、クラウンは、米国のグループであるウェスタンデンタル社に加盟している333の歯科医院全てで提供されることになりました。パートナーシップの条件として、ストラウマン社は歯科支援組織にネオデント製品、臨床トレーニング、患者教育情報、マーケティング支援を提供します。ウエスタンデンタル社のチーフデンタルオフィサーであるJohn Luther博士は、インプラント治療の需要が高まっているとコメントしています。「歯科インプラントは、高品質な歯科治療において益々重要な要素となっています」とLuther氏は報道関係者へのメモで述べています。

ストローマン社の最高財務責任者であるPeter Hackel博士は、同社の歯科矯正事業が当四半期に力強い成長を遂げたとアナリストに語りました。また、同社のポートフォリオの大半を占める歯科用インプラントについては、先端部が細くなっているBLTと完全に細くなっているBLXが第1四半期の売上に最も貢献したと述べています。

Hackel氏は、「グループのチャレンジャー・インプラント・ブランドであるNeodent、Anthogyr、Medentikaは、ブラジル、中国、フランス、米国などで好調に成長し、シェア拡大に貢献した」と述べました。


ストローマングループはスイスのバーゼルに本社を置き、昨年は14億スイスフラン以上の売上高を記録しました。(画像:ストローマングループ)

フランスから日本までのデンタル市場が回復

ストローマン社の今年の第1四半期の総売上高は4億6980万スイスフラン(4億2860万ユーロ)で、新型コロナウイルスのパンデミックが始まった2020年の最初の3カ月と比較して31.5%増加しました。同期間の売上高は3億5730万スイスフランで、2019年第1四半期の売上高と比べて4.0%減少していました。

アナリストとの電話会議において、Daniellot氏はこの業績を「非常に好調」と称し、当四半期の売上高増加の3分の2がEMEAおよびAP地域からのものであることを指摘しました。

EMEA地域は、ストローマン社のグローバルビジネスの約半分(45.6%)を占めており、当四半期のEMEA地域の売上高は32.1%増の214.3百万スイスフランに達しました。ストローマン社は、ドイツ、フランス、イタリアの国別市場が好調で、EMEAの歯科矯正事業が大幅に成長したと決算発表で述べています。

ストローマン社は、世界保健機関がパンデミックを宣言する前から、2020年の第1四半期にアジアでの売上が大幅に減少することを警告していました。同社の同地域における売上は、昨年1月から3月の間に25.5%減少しましたが、その後、大きく回復しています。2021年第1四半期に計上された9,230万スイスフランの売上高は、前年同期比で72.4%の増加となりました。

Daniellot氏は、今年はAP地域において「例外的な成長」に戻ったと断言し、同社の歯科矯正事業が売上を大きく伸ばしたと述べました。「歯科矯正事業は、オーストラリアと日本で勢いを増しており、香港、シンガポール、台湾、タイで実施されているパイロット事業にも支えられています」と述べました。

中南米はアルゼンチンとチリが牽引して売上高が増加に転じる

ストローマン社がスイスフランで売上高の増加を記録しなかった唯一の地域は、ラテンアメリカで、通貨の逆風により基本的には好調な結果となりました。ブラジル(レアル)とアルゼンチン(ペソ)の下落により、当地域の第1四半期の売上高は25.2百万スイスフランとなり、2020年第1四半期の26.0百万スイスフランと比較して3.1%の減少となりました。しかし、同地域の既存事業売上高の成長率(為替や買収の影響を除く)は、当四半期において23.8%増加しており、ラテンアメリカの歯科市場が当社にとって再び軌道に乗ったことを示しています。

「ラテンアメリカ地域はパンデミックの影響をまだ大きく受けている」- ストローマン社CEO Guillaume Daniellot氏より

Daniellot氏は、長引く課題にもかかわらず、ストローマン社はラテンアメリカで力強く立ち直ったと述べています。「歯科医院は営業しており、治療を行っていましたが、この地域はパンデミックの影響をまだ大きく受けています」と彼は説明しました。「アルゼンチンとチリが最も強い成長をもたらし、グループは地域最大の市場であるブラジルで2桁の成長を達成しました」とDaniellot氏はコメントしています。

アナリストに対する最終コメントとしてDaniellot氏は、当四半期中、世界中の歯科医院は営業を続けており、ほとんどの場所で全ての歯科治療が可能であったと述べました。「当グループでは、専門的な歯科治療に消費者の需要が集中していることを確認しており、消費者が口腔内の健康への支出を優先したため、パンデミックによる一時的な追い風を受けました。大規模なワクチン接種が行われ、他の支出の選択肢も増えてきていることから、この追い風は下半期には弱まると予想しています」とコメントしています。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Jeremy Booth, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる