インタビュー:「デジタルデンティストリーに参加する女性をもっと増やしたい」

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

インタビュー:「デジタルデンティストリーに参加する女性をもっと増やしたい」

2019年からデンツプライシロナ社は、デジタルデンティストリーにおける革新的な女性を表彰する「スマート・インテグレーション・アワード」を開催しています。
左から右の順に:フラウンホーファー産業技術研究所IAOのRainer Nägele博士、Alison Simpson博士、デンツプライシロナ社、デジタルソリューションマーケティングのグローバルブランドマーケティングイネーブルデバイス担当ディレクターのSusanne Schmidinger氏の3名。
(画像:デンツプライシロナ社)


2019年11月、7カ国の24人の女性歯科医師が、先見性のある治療コンセプトを評価するデンツプライシロナ社初のスマート・インテグレーション・アワードを受賞しました。受賞者の一人は、英国ロースウェルの一般歯科医であるAlison博士です。彼女は、デジタルワークフローを使用して成功したストーリーを共有したことで、第1回スマート・インテグレーション・アワードを受賞しました。今回のインタビューでは、Simpson博士の経歴、歯科業界の変化、テクノロジーと歯科医院の未来についての考えを語っていただきました。

[Simpson博士、2015年に新しいクリニックを立ち上げる際には、どのような課題がありましたか?]
クリニックの設計では、患者さんの動線を工夫する等過去の経験から学ぶことができ、とても楽しかったです。また、私は挑戦することが好きです。古い建物の隅々にまで自分の個性を反映させることができるからです。私は常に新しい技術に多大な時間を費やしてきましたが、私たちは最初から完全にデジタル化されていました。デジタル化には、新しいソフトウェアやハードウェアが大量に必要になります。最初のうちはかなり圧倒されましたが、これが最善の方法だと思いました。これは大きな学習曲線でした。しかし、その曲線の頂点に到達した時、あるいはそれに近づいた時には、非常に満足感と充実感が得られます。

[社内の従業員体制について少し教えて頂けますか?]
私のビジネスモデルは、チームワークを重視しています。患者さんは、私たち全員をチームとみなし、私という歯科医師だけに注目するのではありません。患者さんには、自分もチームの一員であり、家族の一員であり、私たちがここで築こうとしているコミュニティの一員であると感じてもらいたいのです。

最初に必要だったのは、そのチームや家族を作るために、適切な個性を持った人材を採用することでした。デジタルワークフローを推進し、私のビジョンや、患者さんに素晴らしい体験をして頂くことがなぜそれほど重要なのかを本当に理解してくれる、適切なアシスタントが必要だと考えました。

[では、長期的な関係と治療計画の遵守を重要視したのですね。]
私は、患者さんが「ここにいたい」「ここに来たい」と思えるような環境を作ることが、ビジネスを成長させる鍵だと考えました。私が目指したのは、歯科医院のようなクリニックから脱却し、ブティックホテルのような雰囲気のクリニックにすることでした。私のクリニックでは、通常よりも感情を重視し、患者さんのニーズに応えることを大切にしています。患者さんには、歯科的な観点だけでなく、サポートや感情的な面でもケアされていると感じてもらいたいのです。

治療計画の遵守については、治療開始時に約束したことを守り、構造的に調整された計画を用いて期待に応えることが患者さんの信頼を築き、私たちが目指すサポートクッションを作るために重要であると考えています。

「デジタル化が本格的に始まると信じていますし、歯科医療に関わるのは非常にエキサイティングな時代だと思います。」

[あなたが開業している地域では、患者の断面はどのように見えますか?]
比較的多様な層の方がいらっしゃいます。当院に来られる方は、当院だけではなく、ご自身の歯の健康を大切にされているように感じます。子供を連れてくる親御さんや、歯の健康を維持しようとする年配の患者さんもいらっしゃいます。また、完全なスマイルメイクを求める患者さんもいれば、今の状態に手を加えたいだけの患者さんもいます。裕福な患者さんもいれば、お金を貯めて憧れの笑顔を手に入れようとしている患者さんもいます。

[以前に比べて、患者さんの情報収集力が向上していると思いますか?]
もちろんです。私が卒業したとき、私は患者さんを教育し、選択肢を与えなければならないと感じました。今では、どんな治療法があるのか、どこで手に入るのかを知るために、自分で治療法を調べることがとても簡単になりました。患者さんが求めるサービスを提供してくれる適切な人を、インターネットで簡単に見つけることができます。今では、患者さんは私たちに会う前に自分が何を求めているかを知っていますが、20年前はそうではありませんでした。

[英国ではデジタル化が大きな役割を果たしていますか?また、今後、歯科関係者の間でそのような方向に進むと思われますか?]
そうですね、デジタル化は本当に軌道に乗ろうとしていると思いますし、歯科医療に携わる者としては非常にエキサイティングな時代だと感じています。自分がこの動きの一部になっていることをとても嬉しく思っています。デジタルデンティストリーに関しては、まだ口腔内スキャナーを使用していない同僚は、この技術を取り入れないとすぐに取り残されてしまうでしょう。現在、患者さんはデジタルデンティストリーの利点を認識しており、デジタルデンティストリー技術を使用している歯科医師を求めるようになるのもそう遠くないと思います。短時間で結果を出すことが求められるようになった社会では、誰もが自分のブランドを代表するようになっており、短時間で結果を出し、人々に自分の笑顔を見せることが重要です。歯科医がこの動きに乗らなければ、取り残されてしまうでしょう。

[デンツプライシロナ社は、スマート・インテグレーション・アワードのようなコンセプトで、より多くの女性のアイデアを歯科医療の分野に取り入れ、女性のためのネットワークを作ることを目指しています。歯科界では、女性の歯科医師や歯科学生が増えており、その傾向は続いています。これは、イギリスで個人的に観察されたことですか?]
私が歯科大学に通っていた20年ほど前でも、歯科界では男性よりも女性の方が多かったですね。ただ、企業がその事実を理解するのに時間がかかっているのだと思います。しかし、私が驚いたのは、講演会やワークショップ、デジタルシンポジウムなどでは、聴衆に関しても男性が中心になっていることです。

このような会議に女性が参加しない、あるいは行かないというのは心配ですね。私はいつも同僚に、なぜ参加したくないのかを尋ねます。多くの女性は、家庭を持っていたり、パートタイムで働いていたりして、とても忙しいのです。私は、デジタルデンティストリーに参加する女性をもっと増やしたいと思っています。多くの女性がこの分野に参加していないことに憤りを感じています。

「デジタルデンティストリーはその性質上、チームメンタリティを持って取り組む人に、はるかに大きな報酬を齎らします」

[新型コロナウイルス感染症は、患者のケアに関連して、歯科医療やあなたの仕事にどのような影響を与えましたか?デジタル化の役割は変わりましたか?今やデジタル化の役割はさらに大きくなっているのでしょうか?]
人生のあらゆる側面と同様に、新型コロナウイルス感染症は私たちのクリニックや歯科医療全体に多大な影響を与えました。再開してからは、スタッフ、患者さん、そして私たちの家族の安全を守ることに重点を置いてきました。これは、ウイルスに感染する可能性を可能な限り排除するという意味だけではなく、クリニック内で人々が安心して過ごせるようにするという意味でもあり、私たちは最小限のストレスで有名な治療を提供し続けることができました。私のチームは柔軟にサポートしてくれたので、意思決定の際に一人で悩むことはありませんでした。

歯科医院へのトラフィックが減り続ける中で、患者さんにとって即日歯科治療は益々心強いものとなっています。患者さんは、1回の予約で治療を終えることにより、患者さん自身と私たちの感染のリスクを減らすことができました。さらに、すべてのプロセスがデジタル化されているSureSmile治療も非常に増えてきています。

新型コロナウイルス感染症は、多くの意味で、歯科界における新しいデジタルプロセスの導入と受け入れを加速させました。私たちは対面での診察を減らし、バーチャルなミーティングを提供できるようになりましたが、患者さんは利便性と時間効率の向上により、これらを受け入れてくれています。

[歯科医師として、あるいはキャリアやビジネスに関連して、何か具体的な目標はありますか?]
私はデジタルパスウェイから多くの充実感を得ているので、男女を問わず、他の歯科医師にデジタルパスウェイへの参加を促したいと思っています。私自身の経験から、デジタルパスウェイが患者さんの治療の質を向上させることを実感しています。デジタルデンティストリーを目指す方へのアドバイスとしては、同じ目標や願望を持ったチームメンバーと一緒に行動することです。デジタルデンティストリーは、その性質上、チームとしての意識を持って取り組む人に、はるかに大きな報酬を齎らします。私が今の地位を築けているのは、デジタルへの道のりを共に歩んできたチームのおかげです。

編集後記:4月12日より、「デンツプライシロナ・スマートインテグレーションアワード2021」の新たな応募期間が始まりました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Dentsply Sirona

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる