歯科医療における女性の活躍〜歯科技工士であり研究者でもあるJoanne Choi氏の紹介〜

歯科医療における女性の活躍〜歯科技工士であり研究者でもあるJoanne Choi氏の紹介〜

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

一部の国では、歯科医療に従事する女性の数が男性より多いにもかかわらず、歯科大学、歯科関連団体、学会などでは、未だに男性がトップに立つことが多いのです。デンタルトリビューンインターナショナルは、女性歯科医師の優れたキャリアパスと業績を紹介するシリーズの一環として、ニュージーランドのダニーデンにあるオタゴ大学の口腔リハビリテーション学科の上級講師であるJoanne Choi博士にインタビューを行いました。今回のインタビューでは、異国への移住から始まったキャリアパス、アートと歯科技術をつなぐもの、歯科研究における実務経験の重要性などについて語って頂きました。

[Choiさんの物語は韓国で始まりましたが、15歳のときに家族を連れずにニュージーランドに移住しました。この異例の決断をした理由は何ですか?]
私の両親は、私がより良い教育を受けられるよう常に関心を持っており、そのための一つの方法として英語圏で学ぶ機会を与えてくれました。韓国では昔も今も、英語ができることが教育や就職に大きなアドバンテージになると考えられています。私は韓国の小さな町で育ちました。両親の当初の計画では、私をソウルの高校に通わせ、大学受験の準備をさせるつもりでした。しかし、私の両親にはニュージーランドに住んでいる家族の友人がいます。その友人たちが、私をニュージーランドに留学させてみたらどうかと勧めてくれたのがきっかけでした。

[ニュージーランドでの最初の数ヶ月はどのように過ごしましたか?どのような新しい習慣を楽しみ、最初の頃はどのような状況が大変だったのでしょうか?]
最初の1カ月は、新しい国で新しい学習環境に身を置き、新しい友達を作れることにとても興奮していましたが、すぐに思っていたよりも難しいことに気づきました。韓国では英語の成績が良かったので、最初は自信がありました。しかし、全ての科目を英語で勉強するとなると、話は全く違ってきます。

また、教育方法も大きく異なっていました。韓国では、ほとんどの試験が多肢選択問題で、短時間で大量の情報を暗記する必要がありました。ニュージーランドでは、ほとんどの試験が長文のエッセイ形式で、テーマをよく理解しなければなりませんでした。最初のうちは、このアプローチは私が慣れ親しんだものとは大きく異なり、慣れるのが難しかったです。しかし時間が経つにつれ、この方法が自分に合っていることに気づき、新しい学習方法を楽しむことができました。

[進路としては、美術学校や理系の勉強をすることも考えたそうですね。歯学、正確には歯科技工の道に進もうと思ったきっかけは何でしたか?]
若い頃から手を動かして何かを作ることが好きだったので、長い間、芸術関係の仕事に就きたいと考えていました。高校時代には、科学、特に物理と化学に興味を持ちました。両方の興味を組み合わせることができる選択肢を探していたところ、高校のコースアドバイザーが、オタゴ大学にしかないデンタルテクノロジーの学位を勧めてくれました。このコースは非常に実践的で、自分の芸術的なスキルを使って物を作ることができる一方、自分が作ったものは科学的な知識に基づいており、その結果、患者さんの健康や生活に良い影響を与えることができるという考えが気に入りました。

[歯科技工士として2年ほど働いた後、大学に戻って研究の道に進みましたね。この道に進むきっかけは何だったのでしょうか?]
歯科技工士課程の最終学年では、研究に携わる機会がありました。特に優等学位を取得した際には、研究は自分がやっていて楽しいものであり、これからも続けていきたいものであることを実感しました。教えることも好きだったので、博士課程に戻って学術界でキャリアを積むことを計画していました。

しかし、歯科医療や歯科技術の分野で商業的な仕事を経験することが重要だと考えていました。歯科における材料や技術は常に変化しています。したがって私たちの研究は、臨床とラボの両方に影響を与えるため、臨床現場に転用できるものでなければなりません。

この2、3年の仕事の経験は、大学に戻って博士号を取得する前の良い基盤となり、教育や研究に対する視野を広げてくれました。このような理由から、私は今でもフルタイムの学業以外に、臨床歯科技工士として数時間の仕事を続けています。

[あなたはプロとして多くのことを成し遂げてきました。これには、ニュージーランドへの移住がどの程度影響していますか?また、韓国でも同じようなキャリアを歩めたと思いますか?]
ありがとうございます。ニュージーランドに移住したことは、私のキャリアにプラスに働いたと思います。海外で生活する留学生として、自立して多くのことに責任を持たなければなりませんでした。積極的にチャンスを求めるようになったことで、特にプロとしてのキャリアにおいて多くの扉が開かれました。また、海外で生活することで、よりオープンマインドになり、それが人生の様々な面で役立っていると思います。

「歯学分野で優れた仕事や研究をしている女性がいることを普通にしたい」

[歯学を学ぶ女性の数は増加しており、国によっては男性よりも女性の方が多い場合もあります。しかし、歯学会議の講演者や歯学部の高官など、女性の占める割合はまだ低いのが現状です。歯学分野では、どのようにして他者と関わり、力をつけているのでしょうか?]
私もそう思いますが、ニュージーランドでも同じだと思います。女性が歯学部を卒業する数は増えていますが、上級職になるとその数は減ります。しかし、大学院で学び、アカデミックな分野を含めた様々な歯科分野に興味を持つ女子学生が増えることは、とても素晴らしいことだと思います。

現在、私は研究指導者として、また講師として、女子学生をサポートするために最善を尽くしています。私は、女子学生や同僚の優れた研究を促進し、彼女たちがこの分野で一人ではないことを示したいと思っています。歯科医療、特に歯科技工の分野で優れた仕事や研究をしている女性がいること、そして、学会ではすべての人が正しく表現されていることを普通にしたいと思っています。

[異国の地で自分の生活を築き、博士号を取得し、研究プロジェクトを成功させています。最も誇りに思っていることは何ですか?また、将来の重要な目標はありますか?]
私は、自分が設立した研究プロジェクトや研究チームを誇りに思っています。特に、子供の虫歯治療のための新しいホワイトシェルクラウンの開発に関するプロジェクトがそうです。このプロジェクトが現在の段階に至るまでには、非常に多くの努力が必要でした。私と私をサポートしてくれたチームが成し遂げたことを誇りに思うとともに、今後、どのようなことが実現できるのか期待しています。私の研究アイデアや他の研究プロジェクトの成果が臨床現場に反映され、人々のためのより良い歯科医療の提供に貢献できることをとても楽しみにしています。

今のところ、私の将来の最大の目標は、学生たちの良き教師、研究者、指導者であり続け、彼らが歯科医師としてのキャリアを成功させ、さらに研究や大学院での研究、学術的なキャリアを追求できるように、できる限りのサポートをすることです。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Franziska Beier, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる