パンデミックによるストレス性口腔疾患の増加

パンデミックによるストレス性口腔疾患の増加

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

シカゴ(米国):米国歯科医師会(ADA)の調査によると、新型コロナウイルスパンデミック時のストレスによりブラキシズムを発症した患者が増え、ストレスに関連した口腔疾患が全般的に増加していることがわかりました。同協会のチーフサイエンスオフィサーによると、この傾向は、定期的な歯科検診の重要性がかつてないほど高まっていることを意味しています。

ADA健康政策研究所が米国の歯科医師を対象に毎月実施している最新の調査で、ストレスによる歯の問題の報告が大幅に増加していることがわかりました。2月15日の調査では、調査回答者の70%以上がより多くの患者がブラキシズムを抱えていると回答し、2020年秋に同研究所が実施した調査の60%から上昇しました。

ADAは会員への注意事項として、回答者の71%がブラキシズムの発生率の増加を報告し、その他のストレス関連の歯科疾患も増加していると述べています。また、63%の回答者が歯の欠けやひびの増加を報告し、62%の回答者が顎関節症の症状の増加を報告しています。

ADA健康政策研究所のチーフエコノミスト兼副会長であるMarko Vujicic博士は、プレスリリースの中で、「我々の世論調査は歯科医師の目を通して、患者や地域社会に影響を与えるパンデミックストレスのバロメーターとなっている」とコメントしています。また、「新型コロナウイルス感染症の発症以降、ストレス関連の症状が大幅に増加していることを示唆している」と付け加えました。

ADAの最高科学責任者であるMarcelo Araujo博士は、パンデミックが続く中で、歯科医はストレスに関連した歯の症状を目にする機会が増えていると述べています。「歯の健康を維持することはこれまで以上に重要であり、長期的な影響を及ぼす可能性のある問題に対処するため、定期的に歯科医院を受診することが必要です」とコメントしています。

米国の歯科医院、財政難に対応して料金を値上げ

ADAの調査では、新型コロナウイルスのパンデミックが歯科医院に与えた影響について、患者の感情などについても質問しています。2月の調査では、平均患者数はパンデミック前と比べて約81%、歯科医院のスタッフ数はほぼ完全に回復しており、回答者は歯科チームの99%が仕事に戻っていると答えました。

経営の安定性を維持するために行っている対策としては、「料金の値上げ」が最も多く、その他にも「ローンの利用」「労働時間の短縮」「取引先の変更」などが挙げられています。大規模グループの歯科医院では、個人経営の歯科医院に比べて、コスト削減策の報告数が少ないことがわかりました。

テレデンティストリーは、3分の1以上の回答者が何らかの形で実施しており、特に緊急症例のトリアージや術後・経過観察のために実施していました。

2020年3月、同協会はパンデミックの影響について定期的に歯科医師に調査を開始しました。2021年2月の調査サンプルは全国を代表するもので、約2,500名の歯科医師から回答があったとしています。ADAは、調査結果をウェビナーにまとめ、YouTubeチャンネルで公開しています。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Jeremy Booth, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる