歯肉炎、歯周炎、加齢をつなぐ歯肉の無症状状態を特定した研究

歯肉炎、歯周炎、加齢をつなぐ歯肉の無症状状態を特定した研究

青島市(中国):成人の多くは歯肉炎を経験し、それが歯周炎へと進行することがあります。しかし、歯肉炎の発症と歯周炎への進行にプラークがどのように関与しているかは不明です。今回、中国科学院青島生物エネルギー・バイオプロセス技術研究所(QIBEBT)の研究者らは、被験者が口腔衛生の実践をやめた後、口腔衛生状態が悪化し、口腔内のマイクロバイオームが通常よりも急速に老化することを観察しました。

この研究では、自然に発生した歯肉炎のレベルが異なる40人の参加者を対象に検査のベースラインを確立するため、3週間にわたって最適な口腔衛生状態を維持してもらいました。次のステップでは、参加者の口腔衛生を28日間中断し、実験的に歯肉炎を誘発しました。

研究者たちは、被験者の歯肉に生息する細菌群の遺伝子分析を行いました。さらに、細菌が作り出す分子の化学分析を行い、被験者の免疫反応を記録しました。

研究チームは、口腔衛生を中止してから24~72時間以内に、ロチア属の細菌と幾つかの炎症性疾患において抗炎症作用を示すことが報告されている化学物質ベタインの減少を確認しました。研究チームは、ベタインとの良好な関連性と歯肉炎の重症度との負の関連性から、ロチア菌は歯肉の健康に有益であり、歯垢中のベタイン代謝に寄与している可能性があると考えています。

さらに、参加者の歯肉では免疫系で産生され、炎症に関連する幾つかの唾液サイトカインが急速に活性化していました。同時に、歯周炎に関連する細菌の存在がまだ明らかな症状でないにもかかわらず、著しく増加していました。

「[参加者]の口腔内マイクロバイオームは、1ヶ月足らずで約1年分の年齢を重ねていた」-QIBEBTのJian Xu教授より

QIBEBTのシングルセルセンター長である筆頭著者のJian Xu教授は、CASのプレスリリースで次のように述べています。「私たちは、口内の細菌が急激に老化していることも発見しました。彼らの口腔内マイクロバイオームは、1ヶ月足らずで約1年分の老化を遂げていたのです。」

これまでの研究で、口腔内のマイクロバイオームの組成が患者の年齢を示す可能性があることが示されています。年齢が上がると、ある種の口腔内細菌が減少します。例えば、ロチア属の細菌です。

研究者たちは、今回の発見が「歯肉炎、歯周炎、そして健康な加齢の間の重要な関連性」を示していると説明しています。また彼らは、次のように述べています。「世界人口の大多数は、未だに毎日の歯磨きを怠っています。その結果、世界の成人人口の大部分が慢性的な歯肉炎に悩まされており、このまま放置すれば、いずれ歯周炎になる人も出てくるでしょう。」

また、研究者たちはこう結論付けました。「今回の結果は、歯周炎予防のためのプラークを維持し、口腔内の生態系を健全に保つためには、日々の適切な口腔衛生習慣によって、歯肉炎の(早期の)段階で介入することの重要性を強調するものです。」

「縦断的なマルチオミクスとマイクロバイオームのメタアナリシスにより、歯肉炎、歯周炎、加齢をつなぐ無症候性歯肉の状態を特定」と題した本研究は、2021年3月9日にmBioへ掲載されました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Franziska Beier, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる