口腔と新型コロナウイルス。感染した細胞の証拠から、感染と伝播に重要な役割を果たしていることが判明

口腔と新型コロナウイルス。感染した細胞の証拠から、感染と伝播に重要な役割を果たしていることが判明

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

ベセスダ(米国のメリーランド州):新型コロナウイルス感染症は、口腔内に病変、潰瘍、味覚障害などの様々な症状を引き起こしますが、新型コロナウイルスの感染と伝播における口腔内の役割はあまり理解されていません。今回、国際的な科学者チームによる研究で、ウイルスが口腔内の細胞に感染している証拠が発見されました。この発見は、口腔が新型コロナウイルスの感染に重要な役割を果たす可能性を示しており、歯科医療現場での十分な予防対策の必要性を強調しているといいます。

米国国立衛生研究所(NIH)の支援を受けて実施された本研究によると、新型コロナウイルス感染症の研究では鼻肺軸が主な焦点となっており、口腔内の組織にウイルスが直接感染・複製するかどうかは不明のままであるといいます。唾液検査はウイルスの検出に信頼性があることが示されていますが、口腔内の新型コロナウイルスのウイルス量の起源は不明です。

研究者らは、ウイルスと唾液腺や粘膜などの口腔組織との関係をより深く理解することの重要性を強調しています。「もし、これらの組織が初期の感染部位であるならば、唾液を介してウイルスを肺や消化管に伝達する上で重要な役割を果たす可能性があるからです」と書いています。NIHのプレスリリースでは、共同研究者のBlake M. Warner博士(米国国立歯科口腔顔面研究所〈NIDCR〉の唾液障害ユニットの責任者、臨床研究補佐員)が次のように述べています。「我々の研究室のデータによると、唾液中のウイルスの少なくとも一部は、口の中の感染した組織自体から来ているのではないかと考えられました。」

「唾液に含まれるウイルスの少なくとも一部は、口の中の感染した組織から来ているのではないかと考えていました。」- NIDCR、Blake M. Warner博士より

今回の研究では、健康な人の口腔組織を評価し、新型コロナウイルスに感染しやすい口腔内の部位を特定しました。また、18人の患者の唾液腺と粘膜部位から採取した新型コロナウイルス感染症の剖検組織のコホートにおいて、液滴デジタルポリメラーゼ連鎖反応を用いて転写産物を評価しました。その結果、半数以上(57%)の唾液腺でウイルスが検出され、小唾液腺では、対となる耳下腺よりも高いウイルス量が検出されました。また、顎下腺や口腔粘膜の裏層細胞からも感染が検出され、小唾液腺と大唾液腺は新型コロナウイルスの感染、複製、免疫細胞の活性化が起こりやすい部位であることが判明しました。また、無症候性の人から採取した細胞性および細胞性の唾液画分が生体外でウイルスを感染させ、唾液中のウイルス量が味覚障害などの口腔内の新型コロナウイルス感染症の症状と相関していることも明らかになりました。

今回の研究結果を総合すると、新型コロナウイルスの感染には、感染した口腔細胞を介した口内が、これまで考えられていたよりも大きな役割を果たしていることが明らかになったと著者らは述べています。プレスリリースでは、共同研究者のKevin M. Byrd博士(米国歯科医師会科学研究所のAnthony R. Volpe研究員)が次のように説明しています。「感染した唾液を飲み込んだり、その小さな粒子を吸い込んだりすると、新型コロナウイルスをさらに喉や肺、あるいは内蔵にまで感染させる可能性があると考えられます。」

デンタルトリビューンインターナショナル(DTI)の取材に対しWarner氏は、今回の研究結果は、口の中の組織が新型コロナウイルスのリザーバーであることと、唾液中のウイルスに感染する可能性があることを示す直接的な証拠であると述べました。更にこれは、多くの医療従事者が最もらしいと考えていた事実であると述べました。「実務的には、エアロゾルが発生する手技の際には、N95マスクやフェイスシールド/アイプロテクションなどの個人防護具(PPE)を使用するよう、医療従事者に呼びかけるべきだと思います。処置中のエアロゾルを管理する方法としては、高速吸引やその他のエアロゾル軽減装置、効果的な換気(外気の交換量を増やす)などがあり、歯科処置を行う際の感染リスクを十分に低減することができます」と彼は説明しています。

Warner氏は、「推測ではありますが、新型コロナウイルスパンデミックの際に歯科医療従事者がPPEを効果的に使用したことで、仮説上のリスクが高いにもかかわらず、歯科医院での人から人への感染報告がわずかしかないことを証明していると思います」と付け加えました。

「感染した唾液を飲み込んだり、その微粒子を吸い込んだりすると、新型コロナウイルスをさらに喉や肺、内蔵にまで感染させる可能性があると考えています」-米国歯科医師会科学研究機関のKevin M. Byrd博士

Warner氏は、今回の研究を更に発展させ、別の種類の口腔組織を調べたり、新型コロナウイルス感染症患者の中に味覚や嗅覚が失われる人がいる理由を調べたりすることを計画しているといいます。「また、新型コロナウイルス感染による口腔内での免疫病理学的影響や、味覚障害、ドライマウス、口腔内病変などの口腔内症状の報告との関連性をより深く理解することも研究の対象となります。つまり、新型コロナウイルス感染後に発症する口腔内病変にはどのようなものがあるのか、ということです。」とWarner氏は付け加えました。

プレスリリースの中で、Warner氏は次のように述べています。「新型コロナウイルス感染における口腔内の役割が過小評価されている可能性があることを明らかにしたことで、本研究は、感染および疾患の経過をより深く理解するための新たな研究手段を提供することができます。このような情報は、ウイルス対策や新型コロナウイルス感染症の口腔内症状を緩和するための介入にも役立つでしょう。」

本研究は、NIHの資金提供を受け、NIHとノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究者が中心となって行われました。DTIの取材に対し、NIDCRのコミュニケーション・健康教育担当ディレクターであるJeff D. Ventura氏は、NIDCRが他のNIHの研究所やセンターと緊密に連携し、新型コロナウイルス感染症との闘いにおける研究を優先していると説明しました。「NIDCRは、学外での研究に資金を提供する場合でも、メリーランド州にあるNIHのメインキャンパスで独自の研究を行う場合でも、この新型コロナウイルスに関する重要な科学的疑問に答えるために尽力しています」と彼は述べています。

NIHが資金提供した新型コロナウイルス感染症研究の取り組みの例は、こちらとこちらをご覧ください。

この研究は、「口腔および唾液における新型コロナウイルス感染症」と題され、2021年3月25日にNature Medicine誌に掲載されました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Jeremy Booth, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ