月経周期に伴うホルモンの変化が口腔内微生物の生態系に与える影響

月経周期に伴うホルモンの変化が口腔内微生物の生態系に与える影響

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

ストックホルム(スウェーデン):口腔内の健康状態が悪いと全身疾患のリスクが高まることは古くから知られており、そのためには良好な口腔衛生の実践が非常に重要です。最近の研究では、女性の健康に関心を持ち、相互補完的な専門知識を持つ研究者たちが、月経周期における口腔内マイクロバイオームの異質な変化について調べました。その結果、女性の月経中に起こるホルモンの変動は口腔内のマイクロバイオームを乱し、口腔内の健康を損なう可能性があることがわかりました。

MiMens(月経周期におけるマイクロバイオーム)研究は、デンマークのコペンハーゲンにあるRigshospitaletとHvidovre Hospitalの不妊治療クリニックと、スウェーデンのストックホルムにあるカロリンスカ研究所のトランスレーショナルマイクロバイオーム研究センターとの長期にわたる共同研究で、月経周期におけるマイクロバイオームの動態を明らかにすることを目的としています。女性の健康に関心を持つ研究者たちは、腸、膣、口腔内のマイクロバイオームに関連して、女性の健康のさまざまな側面を調査しました。

研究チームは、コペンハーゲンの婦人科クリニックで、定期的な月経周期を持つ生殖年齢の女性103名を募集し、カロリンスカ研究所で唾液中のマイクロバイオームをプロファイリングしました。その後、ホルモン避妊薬、性ホルモン、食事、喫煙が、月経期、卵胞期、黄体期の口腔内マイクロバイオームに与える影響を評価しました。口腔生態と口腔疾患を徹底的に理解するために、研究者たちはカロリンスカ研究所歯科医学部門の同僚と協力しました。研究者の説明によると、データは共同で解釈され、女性の口腔内の健康について有意義な結論が得られたとのことです。

調査結果によると、月経周期中の微生物の多様性には、全体的に大きな変化は見られなかったとのことです。しかし、カンピロバクター、ヘモフィルス、プレボテラ、オリバクテリウムなどの特定の細菌群の存在量が、特に黄体期に大きく変化していることがわかったといいます。

共著者であるコペンハーゲン大学臨床医学科の臨床教授Henriette Svarre Nielsen博士とカロリンスカ研究所トランスレーショナルマイクロバイオーム研究センターのアライアンスディレクターであるIna Schuppe Koistinen博士は、経口避妊薬の使用は口腔内マイクロバイオームに限られた影響しか及ぼさないことがわかったが、喫煙や糖分の摂取量が多いと、ホルモン相の移行期に口腔内の健康状態の悪化に伴ってマイクロバイオームの変化が大きくなることを指摘しています。

月経周期におけるホルモンの変化が口腔内の微生物の生態系にどのような影響を与えるかについて、共著者である国際歯科研究協会の歯周病研究グループの直前会長であり、カロリンスカ研究所歯科医学部の炎症研究の教授であるNagihan Bostanci博士は、デンタルトリビューンインターナショナル誌に次のように述べています。「唾液中の特定の微生物のレベルの変化は、女性ホルモンレベルの生理的な変化と重なっているようです。これは、マイクロバイオームの一般化された変化ではなく、特徴的な変化を示すものです。」

「これらの段階で出現する微生物は、歯肉の炎症に関連することが知られているので微生物生態系の異変と考えることができ、口腔衛生が十分に保たれていない場合には一過性の口腔衛生の悪化を引き起こす可能性があります」と続けました。

本研究の歯科分野への影響についてBostanci氏は、本研究の歯科分野への貢献が特に重要であると述べています。この研究は、女性の健康の生理的側面を健康全般に考慮し、それに合わせて個人的な予防計画をアドバイスする必要性を明らかにしていると説明しました。また、月経周期中は女性の口腔内の健康状態がより脆弱であるという事実を認識してもらうことで口腔衛生状態を改善し、その期間中に専門家による適切なスクリーニング対策を採用するのに役立つだけでなく、歯肉炎などの口腔疾患の予防を強化することができると付け加えました。

「月経周期における人の口腔内細菌叢の異常と、喫煙や食事の糖分などの外的要因に対する脆弱性に関する研究」と題されたこの研究は、細胞と感染症の微生物学の最前線誌のオンライン版に2021年2月11日に掲載されました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Iveta Ramonaite, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる