ワクチンのナショナリズムは、グローバルヘルスの脅威となる

ワクチンのナショナリズムは、グローバルヘルスの脅威となる

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

ライプツィヒ(ドイツ):新型コロナウイルスワクチンが2020年末に発売されるというニュースは、世界的なパンデミックとの戦いにおける万能薬であると多くの人が理解していました。実際には一部の富裕国において、ワクチンメーカーが2021年に製造できる量の大部分を、すでに臨床試験が終了する前に購入していました。多くの国は、コバックス(新型コロナウイルスを共同購入し途上国等に分配する国際的な枠組み)に依存しています。コバックスは、開発途上国の医療従事者やリスクの高い人々にワクチンを配布することを目的としています。科学者たちは、公平な分配が行われなければ、世界の公衆衛生に悪影響を及ぼす可能性があると指摘しています。

先進国では新型コロナウイルスに対するワクチンの接種が進んでおり、初期の結果は有望です。イスラエルの研究者たちは、ファイザー社とバイオンテック社のワクチンを国内で先行して展開した研究を行い、その結果、感染や入院が減少したことがわかりました。

イスラエルは2020年12月20日にワクチン接種キャンペーンを開始しましたが、研究者らはその初期の影響を評価するために、2020年3月から2021年2月までの保健省(MOH)のデータを分析しました。2月初旬のMOHデータとその21日前のデータを比較したところ、新型コロナウイルス感染の新規症例数が49%減少し、コロナに関連する入院件数が36%減少し、新型コロナウイルスで重篤な状態にある患者数が29%減少したことが確認されました。

イスラエルでは、1月にファイザー社との間でワクチン供給のための個人購入契約を締結し、2月6日までに60歳以上の住民の約80%がワクチンを接種しました。その時点で他の約130の貧しい国では、政府は一度もワクチンを接種していませんでした。

●医療従事者やリスクの高いグループに新型コロナウイルスのワクチンを接種する

米国、ダーラムにあるデューク大学のデュークグローバルヘルス研究所のグローバルヘルス政策インパクトセンター長であるGavin Yamey博士によると、豊かな国がワクチンを買い溜めすることにより、ワクチンが不足している地域ではウイルスの新しい亜種が発生する可能性があるとのことです。

ネイチャー誌に2月24日に掲載された論文の中でYamey氏は、貧しい国の医療従事者やリスクの高いグループよりも、豊かな国の一般住民に先にワクチンを接種することが結果的にはパンデミックを長引かせると主張しています。「新型コロナウイルスの感染が乱暴にコントロールされていると、ウイルスは危険な亜種に進化する余地があります。先進国はワクチンの供給を共有し、供給量を増やすためにワクチンメーカーと交渉すべきである」と述べ、「多くの公衆衛生関係者は、現在見られるような格差を避けるために努力しました」と付け加えました。

「新型コロナウイルスの感染が乱暴にコントロールされている場合、ウイルスは危険な亜種に進化する余地がある」- デューク大学、Gavin Yamey博士より

コバックスには約190カ国が参加していますが、その多くはコバックススキームを通さず、製薬会社から直接ワクチンを購入することを選択しています。Yamey氏によると、富裕国はワクチンメーカーと直接交渉することで、コバックスとそれに依存する貧困国を後回しにしているとのことです。これでは、コストがかさむばかりです。

コバックスは、Gavi、感染症流行対策イノベーション連合、および世界保健機関が共同で主導する、この種のイニシアチブとしては初めてのものです。加盟国は、コバックスを通じて新型コロナウイルスワクチンを共同で購入し、コバックスプールを通じてワクチンの開発・製造に資金を提供することができます。各国は、寄付者、自己資金による参加者、受領者、またはそれらの混合者となることができ、共同資源プールの一定額は貧困国のために充当されます。Yamey氏によると、コバックスプールでワクチンを共有することは、「ため込んだワクチンの効果が低下した輸入型のウイルスが発生する可能性を低くする以上の効果がある」とのことです。

●ワクチンナショナリズム-パンデミックの醜い側面

オックスフォード大学とアストラゼネカ社のジャブをめぐるEUと英国の間の紛争の激化は、ワクチンの出荷が貿易やその他の二国間関係を複雑にする可能性があることを示しています。EUと英国の間では、ブレグジット後の緊張感が非常に高まっています。

今年、コバックスが確保できるワクチンは約20億本ですが、これは富裕国が医薬品メーカーとの民間取引で確保している58億本のうち、2021年に出荷される分の3分の1にも満たない量です。世界的な不公平感に加えて、コバックスが提供したワクチンの受領国での配布は、医療従事者の怒りを買っています。

「ワクチンへの世界的な公平なアクセス、特に医療従事者や最もリスクの高い人々を保護することが、パンデミックによる公衆衛生や経済への影響を軽減する唯一の方法である」- コバックスより

ロイターニュースが3月20日に報じたところによると、ケニアの国連職員数千人が、医療従事者への予防接種を行っていないにもかかわらず、ケニア政府からコバックス製のワクチンを提供されていたとのことです。ケニア政府の外務・国際貿易省の首席Macharia Kamau秘書官は、ナイロビが南半球における国連の既定の外交首都であることを指摘し、この計画を擁護しました。「ケニアに住むすべての人を守る必要があります。ケニア人だけでなく、ここにいる国際社会にも働きかけるのは理にかなっている」とロイターはKamau氏の言葉を引用しています。

ケニア医療従事者・薬剤師・歯科医師組合の事務局長代理であるChibanzi Mwachonda医師は、「ケニア人が優先されなければならない」と報道機関に語っています。ケニア政府から予防接種の申し出を受けたある外交官は質問しました。「なぜケニア政府は、お金を持っていて独自のルートでワクチンを入手できる外国人を、自国の国民、特に貧困層よりも優先するのですか?」

これまでにケニアでは、コバックスが提供する約100万本のワクチンを1回の出荷で受け取っており、インド政府からも10万本のワクチンが同国に寄付されています。

新型コロナウイルスワクチンの世界的な供給をめぐっては、最初の有効性研究が完了する遥か以前から、各国や政治的ブロックが優位性を競っていましたが、Yamey氏は、富裕国が9回接種するごとに1回分のワクチンをコバックスプールに寄付することを提案しています。「これは『公平』にはほど遠いが、可能な範囲内である」とYamey氏は主張しています。

コバックスのホームページにはこう書かれています。「ワクチンを世界的に公平に入手し、特に医療従事者や最もリスクの高い人々を保護することが、パンデミックによる公衆衛生や経済への影響を軽減する唯一の方法である。」

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Jeremy Booth, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる