新型コロナウイルスパンデミックの影響を評価する歯科医師たち

新型コロナウイルスパンデミックの影響を評価する歯科医師たち

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

ジェネーブ(スイス):本日3月20日の世界口腔保健デー(WOHD)を前に、FDI世界歯科連盟は、この間に口腔保健行動がいかに悪化したかを総括した声明を発表しました。パンデミックから1年が経過し、FDIの評議員や会員は、世界中の歯科医院でウイルスが歯や歯肉の健康に与えた壊滅的な影響を目の当たりにしていると述べています。

FDI会長のGerhard Konrad Seeberger博士は、「歯の災難とでも言うべきでしょうか」と述べています。「口腔衛生のための躊躇にリストラが一役買っているのは確かですが、それだけではすべてを語ることはできません。」

新型コロナウイルス流行の第一波では、世界中の歯科医院が閉鎖を余儀なくされました。2~3ヵ月間は緊急の応急処置を除いて、すべての歯科医院の予約は延期またはキャンセルしなければなりませんでした。世界保健機関(WHO)の報告によると、新型コロナウイルスのパンデミックにより最も影響を受けた必須保健サービスのひとつが口腔保健サービスであり、77%の国で部分的または全面的な中断が報告されています。

第1波と第2波の間に、多くの国の歯科医院は再開することができました。歯科医師は、最も厳格な感染予防・管理プロトコルを常に遵守しており、新型コロナウイルスパンデミックの際に政府から義務付けられた衛生対策を見直しました。さらに最近の調査では、世界のほとんどの地域で口腔医療従事者の新型コロナウイルス感染率は他の医療従事者よりも著しく低いことが示されています。それにもかかわらず、多くの人が定期的な検診を避け、激痛が走ったときにだけ歯科医院を訪れるという状況が続いています。多くの人が、進行したむし歯や感染症などの関連する合併症を発症しており、治療が複雑になっています。

「口腔の健康を守ることは、一般的な健康、幸福、生活の質を確保するために最も重要である」-Gerhard Konrad Seeberger博士より

現在、歯科医師たちはこの1年間に発生した歯科医療の混乱の影響に直面しています。FDIの評議員で、ポルトガルのオポルトで歯科医を教えているPaulo Melo博士は、新型コロナウイルスへの感染を恐れて予約を延期したハイリスク患者を12人診たといいます。ハイリスクの患者は、3〜6カ月ごとに歯科検診を受けることが推奨されています。しかし、多くの患者は9カ月から1年以上も検診を受けていません。その結果、多くの患者が重度の歯痛や合併症を訴え、一部の患者は抜歯、他の患者は歯内療法を余儀なくされました。

「パンデミックの間、ハイリスクの患者さんは1つ以上の問題を抱える傾向があり、検診を受けずに時間が経過したために3つまたは4つの問題が同時に発生することがよくある」とMelo氏は言います。「典型的な問題は、むし歯や歯周病です。」

インドのバンガロールを拠点とする公衆衛生歯科学の講師であるMK Vanishree博士は「簡単な修復で済んでいた虫歯が歯根端部の歯周炎や膿瘍の段階になり、より高度な治療を必要とするようになりました。」と述べています。「患者さんは恐怖心を捨てて、必要な日常的な歯科治療を先延ばしにしないようにすべきです。」

「パンデミックの劇的な結果の一つとして、パンデミック発生時には緊急性がないと考えられていた口腔衛生の問題が、実際には治療を受けるのに2ヶ月も待たなければならないほど緊急性を帯びてしまったことが挙げられます」と、Federación Odontologica Colombiana(コロンビア歯科連盟)会長でFDIの評議員であるMaria Fernanda Atuesta Mondragon博士は述べています。「矯正治療中の患者さんの中には、歯を並べるために作った隙間がなくなってしまった方や、歯周病の問題が大きくなってしまった方も見受けられます。」

「エジプトのカイロで開業し、FDIの評議員を務めるNahawand Abdulrahman Thabet医師は、「10代の若者は平均的に虫歯に悩まされていますが、この年齢層の虫歯が増えていることを実感しています。」と述べました。「私の15歳の患者さんは学校が閉鎖されて以来、家にいるときに間食が増えたと言っていました。彼と同じ年齢の何千人もの子供たちが同じような状況にあると思います。」

パンデミックによる度重なる閉鎖、移動の制限、在宅勤務などにより、日々の習慣や行動が変化し、最終的には人々の口腔内にも影響を与えています。

ユニリーバが実施した世界的な調査によると、昼夜のブラッシングなどの良いオーラルケアの習慣を身につけることは必須であり、子供は親の行動を反映して自分の健康に悪影響を及ぼすことがわかりました。親が昼夜を問わず歯磨きをしない場合、子どもは歯磨きを省略する可能性が7倍になります。調査に参加した歯科医は、子供たちの口腔ケアの習慣の変化は、親の日常生活の変化に起因するという意見に同意しました。パンデミックによる課題は続いていますが、親が子供と同様に自分の口腔ケアの習慣を優先させることは非常に重要です。

Seeberger氏は、「人々は歯科医院に行くことを恐れてはいけません。口腔内の健康を守ることは、一般的な健康、幸福、そして良好な生活の質を確保するために最も重要なことなのです。」と強調しました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

FDI World Dental Federation

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる