新型コロナウイルスと歯科教育。歯学部は2021年に新入生を入学させるのか?

新型コロナウイルスと歯科教育。歯学部は2021年に新入生を入学させるのか?

カテゴリー
記事提供

© Dental Tribune

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

ライプツィヒ(ドイツ):新型コロナウイルスのパンデミックが臨床実習へのアクセスを著しく制限しているため、世界中の学生がパンデミックが歯学教育に及ぼした広範囲にわたる影響によって悪影響を受けています。現在の状況を最大限に活用するために、多くの学校では、学生が標準的な臨床手順に慣れるため、ビデオやバーチャルプラットフォームを導入しています。しかし、オンライン学習で得られる知識は限られており、必要な臨床研修を修了するために2020-2021年度の再履修を求められる学生も出てきています。このため一部の歯科学校では、2021年度の新入生の入学を見送ると発表しています。

臨床現場でのエアロゾルによるウイルス感染の危険性が高いため、歯科医療はパンデミックの影響を大きく受けています。これは、歯科学生の教育を成功させるために欠かせない歯科学生の対面研修が不足していることにも現れています。また、最新の感染制御プロトコルに適応する必要があることや、学問的な課題に立ち向かう必要があることなどの要因により、学生は様々な不安や心配を抱えています。

スコットランドではこの状況の深刻さが明らかになっています。歯学部の最終学年の学生が臨床経験が不足しているため卒業できず、スコットランドの19の高等教育機関の代表機関であるスコットランドの大学は、2021年9月に歯学部の新入生を受け入れないことを発表しました。スコットランドの公衆衛生相であるマイリー・グジョン氏は、この決定は困難だが必要なことだと述べたと引用されています。

「スコットランドの歯科治療の質と高さは傑出しており、将来の歯科医療従事者が一般歯科評議会の臨床能力基準に達し、自信を持って労働力に参入できるように、教育において適切な措置を講じることで保護する必要がある」と彼女は指摘しています。

学生のために、最終学年の再履修を求められた学生に財政的な支援を提供することになりました。グジョン氏によると、影響を受けた学生は、学生ローンの金額と同額の奨学金を受けることができます。

ヨーロッパの歯科学校はまだ決定していない

ヨーロッパの状況について、欧州歯科学生協会(EDSA)の広報担当者は、DTIに次のように語っています。「多くの学生が、特に経験不足とそれが将来の教育や仕事の見通しに与える影響を心配しています。すべての学生は、成功したキャリアを築き、安全で効果的な口腔ケアを提供するための歯科トレーニングを受ける権利を持っています。学生がこれを提供するための臨床経験が十分でない場合は、地域の状況に応じて、コースの期間を限定的に延長することが適切です」

ある情報筋によると、マルタとギリシャのいくつかの大学はすでに任期延長を選択しているといいます。他の国も同様の措置を取ることを検討していますが、まだ最終決定はしていません。

履修期間の延長の可能性についてEDSA は、学生に与えられる延長は、欠席した臨床時間に比例したものであるべきであると指摘しました。しかしEDSAは、歯学部は臨床教育の提供を安全に増やすために利用可能なすべてのオプションを慎重に検討し、財政的負担につながる可能性があるため、可能であれば延長を避けるべきであると指摘しています。スポークスマンは「学生は、学業延長による経済的な影響から保護されなければなりません。学生は追加料金を支払うべきではなく、学校や政府は、特に延長の場合に苦労する可能性のある学生のために、生活費のための財政的な支援を提供するよう努めるべきです。」と付け加えています。

アメリカの歯科学校はまだ学生を受け入れている

新型コロナウイルスのパンデミックはスコットランドの歯科教育に深刻な混乱をもたらしましたが、世界のいくつかの地域では状況は同じではありません。例えば、米国の歯科学校では通常通りの業務が行われています。アメリカ歯科教育協会の社長兼CEOであるカレン・P・ウェスト博士は、DTIに次のように語っています。「アメリカでは、歯科教育は前進を続けており、国内の既存の歯科学校はすべて今年も新入生の受け入れを続けています。実際に学校への出願は盛んに行われています。」

同国の学生たちは、教育と学習の変化にいち早く適応し、あらゆる可能性を秘めたバーチャル教室への移行を受け入れてきました。「新型コロナウイルスのパンデミックは昨年学習を混乱させましたが、学校は教育と学習のための革新的な教育環境を適応させ、開発しました。新型コロナウイルスの環境での患者ケアに関する疾病対策予防センターのガイドラインに基づき、学生は臨床ケアを行い、コンピテンシー評価も継続しています。」と彼女は述べています。

「学生は、新型コロナウイルスだけに基づいて2020-2021年度を繰り返すように求められているわけではありません。教員と学生は、変化した環境に迅速に適応し、バーチャル学習の選択肢を取り入れて、歯科教育を新しく画期的な方法で成長させ、発展させることができまし。」とウェスト氏は締めくくりました。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Iveta Ramonaite, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる