南アフリカで確認された新型コロナウイルスの変異体は接種計画を複雑にする

南アフリカで確認された新型コロナウイルスの変異体は接種計画を複雑にする

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

ライプツィヒ(ドイツ):南アフリカで初めて発見された新型コロナウイルスの亜種に対するオックスフォード、アストラゼネカ社のワクチンの有効性に関する「期待はずれ」な研究を主導した科学者は、この結果に対して接種による集団免疫の達成を目指している人々にとって、現状の確認に役立つと述べています。オックスフォード、アストラゼネカ社のワクチンは、より毒性の強い株に対してはほとんど防御効果がないことが判明しました。南アフリカの規制当局は、科学者たちが重篤な病気からの保護を保証しているにもかかわらず、100万回分のワクチンを使用する計画を棚上げにしています。

デンタル・トリビューン・インターナショナルは1月中旬、英国(B.1.1.1.7)と南アフリカ(B.1.351)で初めて確認された新型コロナウイルスの新株について報道しましたが、その際には科学界に警鐘を鳴らしていました。両者の感染性が高いことは保健当局の懸念材料となっていましたが、科学者たちは特に、B.1.351で発見されたE484K変異がワクチンの有効性を低下させる可能性があることを懸念していました。新しい研究がこれを立証したようで、英国ではB.1.1.7の多くの症例でE484K変異が発見されています。

この研究は南アフリカで行われ、B.1.351に対するオックスフォード、アストラゼネカ社のワクチンの有効性を調べたものです。結果を最初に報じたフィナンシャル・タイムズ紙によると、ワクチンは軽度から中等度の感染に対しては最低限の防御効果しか示さなかったといいます。平均年齢31歳の2,000人を対象とした研究によると、ワクチンを接種した人はプラセボを接種された人と比較して、軽度から中等度の病気を発症するリスクが僅か22%低いとされています。

世界各国の政府は、新型コロナウイルスワクチンの有効性の基準を50%に設定しています。

この研究はまだ発表されておらず、査読もされていませんが、その調査結果は、南アフリカの保健当局がインド血清研究所(SII)から受け取っていた100万回分のワクチンを棚上げするのに十分なものでした。国はSIIからの交換取り決めを求めることを計画していましたが、最近の報告では保健省は現在、アフリカ連合の他の国と用量を共有することを計画していることを示しています。ファイザー・バイオンテック社とモデナ社が開発した新型コロナウイルスワクチンは、B.1.351に対する有効性が低下しているものの、良好な効果を示していることが研究で明らかになっています。

集団免疫とリスクのある集団の保護

ワクチン学の教授であり、ウィットウォーターズランド大学のワクチン・感染症分析研究ユニットのディレクター且つ未発表の研究の主任研究者であるシャビル・マディ博士は、この結果を「大部分が期待外れ」と呼びました。2月7日の記者会見で、同氏は次のように述べています。「残念ながら、アストラゼネカのワクチンは軽度・中等度の病気(B.1.351によるもの)には効果がありません。

「これらの知見は、パンデミックウイルスへのアプローチ方法についての考え方を再調整し、感染に対する集団免疫の目標から、重篤な疾患から集団内のリスクのあるすべての個人を保護することへと焦点を移す。」と彼は付け加えました。

「[私たちは]症例の総数を減らせないかもしれませんが、その場合でも死亡、入院、重篤な病気からは保護されています。」–オックスフォード、アストラゼネカワクチンの開発者、サラ・ギルバート教授より

この研究では、新型コロナウイルスの軽度から中等度の症例のみを対象としています。しかしマディ氏は、南アフリカで行われたヤンセンがスポンサーとなった研究において、同様のウイルスベクターを用いて中等度から重症の疾患を評価しており、「これらの重要な疾患エンドポイントに対する保護が維持されていることが示された」とコメントしています。

オックスフォード、アストラゼネカ社のワクチン開発責任者であるサラ・ギルバート教授は、BBCの取材に対し、彼女のチームは今年の秋に完成する予定のワクチンの改良版に取り組んでおり、現在のバージョンでは重度の新型コロナウイルスに対する防御力が残っていると語りました。新しい新型コロナウイルス株に対する現在のワクチンの有効性が低下していることについて、彼女は次のように述べています。「[私たちは]総症例数は減らせないかもしれませんが、死亡、入院、重篤な病気からは保護されています。」

アフリカ疾病対策センター(Africa CDC)は声明の中で、アフリカ諸国はゲノム監視能力を拡大しなければならないと述べています。B.1.351の循環を報告していない国は、オックスフォード、アストラゼネカワクチンの展開を続行する必要があり、それらの変異体の循環を報告しているものは、すべての承認された新型コロナウイルスワクチンを導入する準備を加速する必要があるとアフリカCDCは推奨します。

B.1.351は欧州の国境閉鎖につながる

本稿執筆時点では、B.1.351は南極を除くすべての大陸で確認されており、オーストリア、ノルウェー、日本を含む少なくとも20カ国に広がっていると考えられていました。多くの場合、確認された事例では国際的な旅行との関連性はなく、コミュニティでの感染が発生源である可能性が高いことを意味していました。

これまでのところ、アフリカ大陸以外で記録された最大の発生はオーストリアのチロル地方でした。オーストリア国営放送局Österreichischer Rundfunkによると、2月12日までに、オーストリア南西部の山岳地帯では219例の完全あるいは部分的な感染が確認され、さらに213例の感染が疑われたといいます。ドイツは2月11日、B.1.1.7の感染が広がっていると考えられるオーストリアのチロル地方とザクセン州、チェコ共和国との国境を閉鎖すると発表しました。ドイツ政府は、そうすることでドイツ国内での2つの亜種のさらなる拡散を防ぐことができると期待しています。チロル地方にはイシュグルスキー場があり、そこからスキーを楽しむ旅行者が2020年3月に新型コロナウイルスをヨーロッパ大陸に拡散させたと考えられています。ノルウェーの当局者だけでも、昨年3月20日までに同国で記録された症例の約40%は、イシュグルから帰国した旅行者から感染したものであると考えています。

先週、イリノイ州、ノースカロライナ州、カリフォルニア州など米国のいくつかの州とワシントンD.C.でB.1.351の新たな症例が確認されました。先週、英国のスタッフォードでは、海外旅行とは無関係の患者が1例確認されました。2月11日、地方議会はスタッフォードの全住民に対し、今後4週間以内に新型コロナウイルスの検査を受けるよう呼びかけました。

医療専門家はウイルスの突然変異に驚かないでしょうし、アストラゼネカ社のような製薬会社も驚かないでしょう。アストラゼネカ社の取締役副社長であるサーメネパンガロス氏はガーディアン紙に、「これらの新しい亜種が特定されるとすぐに、ウイルスの亜種に関連する作業を開始した」と述べ、「私たちは春にクリニックに行くことを目指しており、新しい亜種のための次世代ワクチンを提供している」と語っています。

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Jeremy Booth, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる