AAEの声明:歯内療法を保留にしないでください

AAEの声明:歯内療法を保留にしないでください

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

米国イリノイ州のシカゴ。最近の声明で米国歯内療法士協会(AAE)は、新型コロナウイルスの復活の可能性があり、多くの地域で規制が強化される中で、歯内療法士によって歯を救い続けることができ、また救うべきであるという強い姿勢を表明しました。

AAEは「歯の痛みがある場合、根管治療や緊急歯科治療のために歯内療法医を訪問することは極めて安全です」と述べています。

私たちはこの新時代に、歯を安全に保存し続けることができると確信しているだけでなく、人生において他の多くの側面が保留されているにも関わらずこのケアを遅らせるべきではないことを強調したいと思います。この重要なケアを先延ばしにすることは、お口の健康と全体的な健康に大混乱をもたらす可能性があり、将来的に深刻な問題を引き起こす可能性があります。

現在のところCDCによると、臨床歯科での新型コロナウイルスの感染は文書化されていません。さらに、アメリカ歯科学会誌に発表された研究では、歯科医師の間での新型コロナウイルスの有病率は1%未満であることがわかりました。ADA科学研究所とADA健康政策研究所の研究者は、感染率データの収集を続けています。予備的なデータは、歯科医の間での月次罹患率が1%以下にとどまっていることを示唆しています。

したがって、良好な口腔内の健康、ひいては私たちの全体的な健康に影響を与えることは、新型コロナウイルスのない状態を維持するための努力を犠牲にしてはならないということが明らかになりました。患者とスタッフの安全性は、歯内療法士とAAEにとって最も重要な事です。これらの根管治療の専門家は、パンデミックの発症以来、ADAとCDCの勧告を効果的に実施してきました。そして、2019年春の新型コロナウイルスシャットダウン期間中でさえ、大多数(90%以上)の歯内療法医院が緊急時のために営業を続けていたことに注目する必要があります。感染制御は、コロナウイルスの時代の前から、長い間、歯内療法士の通常のプロトコルの一部として行われてきました。そして、既存の手順をさらに強化してきた今、我々はこれまで以上に安全に歯内療法を受けることができると自信を持って言えるようになりました。

また私たちは、ウイルスが復活する可能性がある中で緊急時には911に電話するのではなく、緊急時には歯内療法専門医に診てもらうことが重要であることを強く強調したいと思います。【findmyendodontist.com】を訪問することにより患者は簡単に自分の地域のAAEメンバーの歯内療法医を見つけることができます。

結論として我々は最初の患者声明を支持し、一般の方々と我々の会員の方々の両方に、新型コロナウイルスに関するより多くの貴重な情報を得るために【ae.org/patients/covid/】を訪問することをお勧めします。また、AAE会長のアラン・H・グラスキン博士からの重要なビデオメッセージをご覧になることをお勧めします。

(出典:AAE)

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Dental Tribune USA

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる