就職活動でも効果発揮!イングリッシュビレッジで英会話に挑戦してみた【最終回】

イングリッシュビレッツジ
前回までのあらすじ
自宅での練習成果もあり、スムーズに会話ができるようになった伊東さん。
バッチリと自分の経歴を英語で伝えることができたようです。
講師のジェレミー先生の優しいサポートもあり、教室内は終始2人の笑い声に包まれました。
そして今回は第3回目の授業体験ということで最終回となります!
イングリッシュビレッジのレッスンのおかげで嬉しいことが起きたと報告を伺っています。
一体どのような嬉しい出来事が伊東さんに訪れたのでしょうか?
今回の校舎はイングリッシュビレッジ銀座校
今回は銀座4丁目にある「銀座4丁目校」にお伺いしました。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、JR「有楽町駅」から徒歩5分と立地条件の良さは銀座でも感じることができました。
銀座校も綺麗に整理されていて、清潔感のある受付が受講生を迎え入れてくれます。
受付を担当されている方も人柄が非常に良く、受講生とも仲良しだそうです。

受付の方に銀座校の特徴を伺ってみました。

―――どのような方が受講されていますか?

年齢層はすごく幅広いです。小学生からご高齢の方までご利用いただいています。
日中は主婦の方が多く来られ、夜になるとお仕事帰りのサラリーマンが来られますね。
年齢もご職業も垣根を越えて、さまざまな方が来られるのが本校の特徴だと思います。

―――受講生のレッスンに対するモチベーションはいかがですか?

とてもレッスンに対して積極的な方が多いと思います。
その理由として考えられるのが銀座校の受講生のみなさんに共通している明確な目的意識だと思います。
ただ英語が上手くなりたいという理由ではなく、その先に英語を通して実現したい理想像をしっかりと持った上でレッスンに来られている印象がありますね。
受講生のみなさんは目標に向かってスマートに行動できる方がほとんどです。
ですからお話していても「素敵な考えだな」と感心させられることがよくあります。
講師紹介:ロニー先生
最後の授業を担当してくださるのはイングリッシュビレッジNo.1講師のロニー先生!
出会った瞬間から明るく大きなリアクションで迎え入れてくれました。
非常に愉快かつ楽しい性格で、一瞬で心の緊張を解してくれる凄腕の先生です!
ロニー先生について社長に伺ってみました。

―――ロニー先生は何がNo.1講師なのでしょうか?

ロニー先生は、抱えている受講生の数が最も多い超人気講師です。
講師歴も10年と非常に長く、このイングリッシュビレッジの文化を一緒に作り上げてきた存在です。
▲受講生から寄せられたロニー先生のレッスンについてへのコメント
―――どうしてそれだけ受講生に支持されているのですか?

彼には「出会った人を幸せにしたい」という信念があるからです。
彼は、目の前の人と本気で向き合い、喜び、幸せを共有できる心を持っています。
だから初めて会った人にもビッグスマイルかつ大きなリアクションで出迎えますし、レッスン中も笑顔を絶やすことがありません。

―――ロニー先生を一言で表すと何ですか?

“スーパードクター”ですね。1人1人の良い部分を見出して、笑顔を作り出してしまう。
まさに心のスーパードクターだと思っています。
彼自身もそれが自分にとってのミッションだと認識しています。
今回も愛の溢れる素晴らしい講師さんをご紹介いただきました。
ロニー先生の陽気な笑顔で、伊東さんもすぐに笑顔になっていて、レッスン開始前からリラックス、すでに会話を楽しんでいるくらいでした。
レッスンに潜入してみた
レッスン前から談笑をしていたこともあり、今までで1番リラックスした様子の伊東さん。
そして常にビッグスマイルのロニー先生。
なんと日本語もお上手で、京都風の関西弁で取材陣に挨拶してくれました。
このように受講生が困ってしまっても日本語でサポートしてくれる安心感もあります。
今回の授業ではさまざまなジャンルで会話を広げていくスタイルで行われました。
好きな映画、好きな食べ物、ふるさとについてなどなど。
ジャンルに捉われることなく日常会話を“楽しむ”ことを目指していきます。
これまで以上に非常にスムーズなテンポで会話が広がっていき、日常会話に困らないレベルに成長しているように感じました。
このスムーズな会話が約1時間、ノンストップで続いていたのが驚きです。
日本語の会話でも1時間笑顔と笑い声が絶えない状況は難しいと思うのですが、英会話でここまで楽しめてしまうレッスンが他のスクールにあるでしょうか?
就職活動にも活きた英会話
―――イングリッシュビレッジを受講してみていかがでしたか?

とにかく“楽しい”の一言に限ります。

私は人見知りをしがちで、自分について話すことに抵抗があるタイプなんです。
でもイングリッシュビレッジの講師の方々は、みなさん本当に優しくて笑顔が素敵で、しっかりと向き合ってくれる印象を持ちました。
すると自然と心の扉もオープンになっていって気が付けばずっと笑顔で会話を楽しめる状態になっているんです。

おかげでリラックスしながら会話を楽しむことができましたし、次回の授業が楽しみになっていて、私の中の“英会話スクールの常識”が変わりました。

―――イングリッシュビレッジのオススメポイントは他にもありますか?

まず1つ目はレッスン料の安さですね。
“ネイティブ講師のマンツーマン”って聞くと高価格なイメージを抱いてしまって身構えてしまう方もいるかと思うのですが、イングリッシュビレッジは破格でした。
1回のレッスンが2,100円で受講できてしまうので、普段通っている美容院やネイルよりもずっと安いのが嬉しいですね。
「こんなに安くて大丈夫なの!?」って心配になってしまうくらいです。笑
そして2つ目は魅力的な講師陣です。
イングリッシュビレッジの“楽しい”のカギは講師陣にあると思います。
みなさんいろいろな経歴をお持ちの方が集まっていて本当に個性的で、講師のバックグラウンドの話を聞くことも楽しさの1つでした。
私がリラックスできたのは、よくあるスクールの「教える側」「教えられる側」という上下の立場関係を感じないレッスンスタイルのおかげだと思います。
受講生に合わせた形でレッスンを展開してくれますし、受講生を笑顔にしたいという志がレッスンを通して伝わってきました。

―――英会話をトレーニングして良いことはありましたか?
はい、ありました!
英会話レッスンを始めてから本格的に転職活動を始めたのですが、志望した企業の選考フローの中で英語の面接があったんです。
もちろん緊張はしましたが、イングリッシュビレッジでの“楽しむ英会話”を思い出して面接に挑みました。
面接の結果、その企業から無事に内定をいただくこともでき、これ以上ないくらいに満足のいく就職活動を終えることができました。
これもイングリッシュビレッジでの英会話トレーニングを行っていたからだと思います!
英会話の上達を通して、無事に第一志望の企業への就職も実現した伊東さん。
現在はさらに英語力を高めるためにリスニングとリーディングの勉強も並行して行っているとのことです。
英会話上達はアウトプットの量
最後にイングリッシュビレッジの社長に英会話上達についてお伺いしました。
英会話上達にはとにかくアウトプットの量が大切です。
よくある英会話の聞き流しコンテンツがありますが、あれだけでは英会話は上達しません。
覚えたフレーズをまずは声に発してみる。これも立派なアウトプットです。
例えば自分の好きな洋画の好きなシーンの好きなセリフを真似してみることもいいですね。
そして最も上達スピードが早いのは、人と話すことです。
決まったスクリプト通りに英語を話してばかりでは、上達は難しいでしょう。
英会話はテニスに例えるとラリーを楽しむようなものです。
1人で壁打ちばかりやっていても試合にはなかなか勝てません。
相手が変わると打ち返されるボールも違ってきます。
そしていろんなボールを打ち返せるようになって試合に勝てるようになります。
英会話も同様に相手を変えて、たくさん話して、さまざまなフレーズやジャンルでの会話を経験していくからこそ生きた英語が身に付いていくのです。
イングリッシュビレッジではその言葉のラリーを楽しんでもらえるように、個性豊かな講師陣を抱えていますし、料金設定もできる限り低くしています。
是非、みなさんには英会話を“辛い”ものではなく、“楽しい”ものだと思っていただきたいです。
今回、レッスンに挑戦してくださった伊東さんも非常に楽しんでいただけたようで、私も喜びを感じています。そういう喜びの輪をこのイングリッシュビレッジを通して広げていくことが私の目標です。
まずはイングリッシュビレッジで最初の一歩を!
「英会話スクールって料金的にも敷居が高い」
「通うのが憂鬱そうな気がする」
「英語が話せなさ過ぎて講師と対談することが怖い」
みなさん英会話スクールにこんなお悩みを抱えていませんか?
イングリッシュビレッジでは低価格かつ受講生が楽しめる環境を徹底しています。
今までの英会話スクールの常識との違いにきっと驚くことでしょう!
診療時間の後に、休日の1時間、スタッフ同士で通ったりとイングリッシュビレッジならあなたの生活スタイルに合わせた形で通うことが可能です!
きっとあなたの趣味や性格にぴったりの講師が待っています。
英会話に少しでも興味がある方は、まずはイングリッシュビレッジに相談してみましょう。
今なら無料体験レッスンも募集中です。
無料体験レッスンの詳細はこちら >


運営会社
株式会社 イブ・コミュニケーションズ
東京都千代田区永田町1丁目11番30号
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる