▶新規会員登録

ニュース

2009/05/25

歯科企業情報

6月1日はチューインガムの日 イベントを中止

ガムメーカーで構成される「日本チューインガム協会」は5月22日、首都圏で新型インフルエンザの感染者が確認されたことをから、5月31日に東京・港区台場で開催予定だった「チューインガムの日」のイベントを中止すると発表した。

<参考>

平安時代の頃から、元日と6月1日は「歯固めの日」と呼ばれ、硬いお餅を食べながら、みんなが健やかに暮らせるように家族の長寿と健康を祈る習慣がありました。当時の社会では、普段から歯の根を固めておくことは、長生きする大切な条件といわれていたのです。食生活の変化から、現代人の咀嚼力は非常に弱くなったといわれています。時代は変わっても、噛むことの大切さをあらためて考えていただきたいと、日本チューイングガム協会が平成6年6月より毎年6月1日を「チューインガムの日」に制定いたしました。ここ数年、チューインガムの機能・効能が広く一般の人々に浸透されつつあります。口臭予防、眠気防止、集中力アップや脳の活性化、顎と歯の強化、ダイエット効果等々さまざまな研究や実験の結果、その効用が認められてきています。6月1日の「チューインガムの日」に、チューインガムを通じて噛むことの大切さ、健康の大切さ、そして現代におけるマナーの重要性を一人でも多くの人にみつめ直していただきたいと考えております。

keyword

新着ピックアップ


サンデンタル テクニカルセミナー 2019

「3X-Power System」を新開発!26Wへパワーアップを実現!

第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策