45回衆院選 歯科関係で2人当選

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

  第45回衆議院選挙の投開票が8月30日に行われ、立候補した6人の歯科関係者では、民主党の北関東ブロック比例代表の川口浩氏、南関東ブロック比例代表の水野智彦氏の2人の歯科医師が初当選した。日歯連盟の堤直文会長は本紙の取材に対し、自民、公明の両党が惨敗した結果について「驚いている。今後の対応は執行部で協議したい」とコメントした。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる