歯がない人ほど肺炎で亡くなる危険性が高い-名古屋大など調査

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

朝日新聞デジタル 2014年1月26日(日)16時32分 抜けてしまった歯が多い人ほど肺炎で亡くなる危険性が高いことが、名古屋大や京都大などの研究グループの調査でわかった。 歯がない人は口の中に細菌が多く、肺にも感染しやすいためだという。 名古屋大大学院医学系研究科博士課程の須磨紫乃(しの)さん(予防医学)らは、全国の歯科医師会の会員約2万人を対象に、歯の状態や健康状態などについて回答してもらい、その後に亡くなった人について死因を調べた結果を分析。 肺炎による死亡率と、抜けた歯の本数との関係を調べた。 肺炎の死者は計55人。抜けた歯が4本までの人と比べると、年齢や肥満などの影響を差し引いても、5~14本が抜けていた人は危険性が1.74倍、15~27本の人は2.37倍あった。4本の親知らずをのぞく28本がすべて抜けていた人の危険性は、2.77倍あった。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる