うがい薬の保険外し、中医協で異論続出

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

「国民皆保険を崩壊させる突破口」との危機感も 中略 安達氏も、「歯科では、抜糸後などに、うがい薬のみを出すことが多いことが考えられ、うがい薬を除外するのは、保険診療の否定」と問題視。 日本歯科医師会 常務理事の堀憲郎氏が続き、「歯科では、例えば抜糸後、切開後、歯周病の処置などの際に、創面あるいは抜糸部分の保護、感染対策、治癒促進などの目的で、 医学的観点に基づき、医療の一環から、うがい薬のみを処方することはある。 現場の実態を把握して慎重に検討してもらいたい」と訴えた。 (橋本佳子:m3.com編集長)
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる