摂食・嚥下障害者向け介護食コンテスト 日本歯科大学

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック主催の介護食の試食会 最も高評価の『あいーと®』、見た目・素材感と軟らかさのギャップに驚きの声も 年末年始の家族の時間も摂食回復支援食「あいーと®」の行事食で介護に笑顔を イーエヌ大塚製薬株式会社 2013年12月17日 13時51分 介護ニュース 2013年12月20日 13:00 摂食・嚥下障害者向け介護食コンテストで第1位 イーエヌ大塚製薬株式会社は、日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック主催の摂食・嚥下障害者向け商品の試食コンテストにて、摂食回復支援食「あいーと(R)」が第1位を獲得したと発表した。 あいーと(R)」について 摂食回復支援食「あいーと」は、咀嚼(そしゃく)機能が低下した人でも食べられるよう、独自の技術で見た目は常食のままに、軟らかさ100分の1から1,000分の1を実現し、舌でくずせる軟らかさに仕上げている。 プロの料理人による味付けや、見た目、カロリーや栄養素にもこだわるなど、安心して食事をし、食べる喜びや楽しみを感じられるようさまざまな工夫をしている。 クリスマス用とお正月用メニューを提案 コンテストでは、「あいーと」の全37商品のラインナップの中から、クリスマス用として「ホタテ貝のガーリックバター焼き」と「牛肉のオイスターソース焼き」を、お正月用として「海老芋の柚香蒸し」「赤魚素焼き 銀酢仕立て」を提案した。 審査は、試食会に訪れた約100名の参加者による投票で行われた。 参加者は摂食・嚥下障害者向け商品を提供しているメーカー5社のメニューを食べ比べ、一番美味しいと感じたところに投票。 その結果、「あいーと」が第1位を獲得した。 試食会について 多摩クリニックは口腔リハビリテーションを専門としており、口腔内に問題を抱えた患者が多く訪れる。 摂食・嚥下障害者の家族から食事について相談されることも多く、調理も手軽で食品の軟らかさなども均一、見た目も美味しい市販の摂食・嚥下障害者向けの食品をもっと知ってもらおうと、今回の試食会を企画した。 この試食会は大変好評だったため、多摩クリニックでは今後も2回、3回と続けていきたいとしている。 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000008381.html
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる