2013年度歯科会員アンケート最終集計結果-保団連

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

過半数の66%が一人歯科医院、32%が二人以上の歯科医院となっている。 中医協の調査では歯科訪問診療を実施している歯科医療機関は19%程度とされているが、本調査では40%以上の会員が積極的に訪問診療を実施と回答している。 保険収入は「増えた」は僅か15%だが、「減った」が53%、「変わらない」29%となり過半数の歯科医療機関が保険収入の減少になっている。 全国保険医団体連合会 1、調査の目的 全国保険医団体連合会は、昨年4月に改定された歯科診療報酬改定、患者窓口負担増の 影響等に関する歯科医師の実感と対応、また、レセプト電子請求についての会員の意識、 今後の対応の調査を行い、調査結果の分析を基に診療報酬改定の影響などの実態と問題点 を国会議員やマスコミ関係者などへ周知し、歯科医療崩壊阻止のための諸活動に活用する ことを目的に「歯科会員アンケート」を実施した。 2、調査の時期 調査の実施時期は2013 年9~10 月 ▼2013 年度歯科会員アンケート最終集計結果について http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/131210sika-anke.pdf
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる