TPPで米国側の代表者が発言

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

米国アジアビジネスサミット2012が3月1、2の両日、東京都港区のザ・パークタワー東京で開催され、TPPを始めとしたアメリカの通商戦略を関係者が説明した。ウェンディ・カトラー米国通商代表部代表補(日本・韓国・APEC担当)は、日本医師会などが懸念しているTPP参加に伴う国民皆保険制度への影響について、「保険制度に介入する意図はなく、混合診療解禁などをTPPへの参加条件として日本に提示するつもりはない」と発言した。実際に、すでにTPP参加協議を始めているシンガポールなどは、米国の医療保障制度と異なる「医療貯蓄制度」を持っているが、TPPに伴って、これが非関税障壁と見なされた経緯はない。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる