ADRの意義−歯科医療安全教育セミナーで佐久間氏が説明

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

日本の弁護士数は米国の25分の1、フランスの3分の1で、日本の医療過誤訴訟数は米国とフランスに比べるとこの弁護士数にほぼ比例しているという。9月18、19の両日に東京大学医学部で開かれた国際予防医学リスクマネージメント連盟(酒井亮二理事長)の歯科医療安全教育セミナー2010秋季において大阪歯科大学准教授の佐久間泰司氏が、「医療紛争マネージメント—裁判外紛争解決(ADR)の意義」と題した講義で話した。
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる